デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年06月12日

代理落札でヤフオク詐欺被害

昨夜の1時半ごろに終了するオークションの代理落札をした。
ヤフーBBに月会費を支払わなくて目下インターネット接続ができなくなっている先輩が、
どうしても欲しい某パソコン用品を落札して欲しいと言って来たのだ。
実は訳あって僕は他人が欲しがっているものを自分で代理落札はしないと決めていたのだが、
先輩に頼まれて迷った末に受諾してしまった。

その商品のオークションは特に競合相手もなく平穏に落札された。
出品者からのメールも着て何ら普段と変わりない取引が淡々と進んでいる。
月曜日にはこちらの新生銀行からの入金が完了して賞品を発送してもらえる予定だ。

ではなぜ僕が代理落札を嫌がるかというと、
以前同じように友人に頼まれて代理落札して代金を僕が立て替えて入金したところ
出品者はそのままドロンしてしまうという事件があった。
住所も詐称、電話もつながらない、もちろんメールの返事も来ない。
有名なデザイナーの靴を20000円近い金額で落札したので黙って見過ごせる額でもなく
警察に被害届けを出したり配達証明付き内容証明郵便を出して督促したりした。

結局ヤフオク詐欺には警察もヤフー当局も全く手を貸してくれず
詐欺に会った僕は泣き寝入りすることになったのだが
その立て替えた友人も「今度払うから」と言ったまま一向にお金を支払ってくれることもなく
僕は今も自腹を切って立て替えた状態になっている。
昔のバイトの友人なので今はもう全く会うこともなく、不良債権を埋め合わせる手立てがない。

自分で欲しかった商品ならともかく、
他人の商品を購入するために詐欺に会って
決して小さくはない金額を損したりするのはかなわない。

こういう事があってから、僕は代理落札にはちょっとピリピリしているのである。

Posted at 2004/06/12(土曜日)23:56

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »