デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年06月23日

UCカラット

IMG_0301.jpg
UCカードのクレジットカード、UCカラットがうちに到着した。
申し込んだのが5月29日頃だから、カードの発行に4週間ほどもかかったことになる。
僕は実は隠れクレジットカード大好き人間で
使う額は大して多くないけれど持っているカードの種類は
大学生にしてはなかなか多いのではないかと思う。

クレジット板@2ちゃんねるの影響で
当時2%還元という国内でも有数のお得カードだったセゾンMUJImasterに始まり
三井住友VISAデビューカード
某家庭教師カードVISA
シティバンククリアカードVISA
ファミリーマートのJUPIカード赤jcb
などを所有している。
普段持ち歩いているのはシティバンククリアカードとファミマJUPIだったのだけれど
今日からはUCカラットVISAがメインカードの座に着くことだろう。
さっそく、何か買いたくなってローソンでコカコーラ500mlを買ってみた。
う~ん、グレーのカードフェイスが渋い。

クレジットカードはただの薄いプラスチック板なだけなのに
なぜか次から次へと欲しくなってしまうようだ。
そんな変な性癖なんてあるのか?と疑う方は
2ちゃんねるのクレジット板を是非覗いてみてください。

何十枚ものクレジットカードを欲したり
ポイント還元率があーだこうだと言い合ったり
リボ専か一括か、デザインがどうだ、CICがテラネットが全情連がどうとか
カードのショッピング枠がいくらだとか、それで自転車をこぐとか金券を買って換金するとか
単なるクレジットカードだけでこんなに話題があるものかと思うほど
様々な話題が花開いている。

webサイトの画像を見て真っ黒だと思っていたUCカラットが
実物を見ると案外グレー色だったのは意外で
しかもICチップがカード表面に堂々と居座りすぎているのはあまり気にくわないが
それでもなかなか品があって渋いデザインはかなり僕好み。
VISAやjcbではなくmasterという点も「隠れ渋い」。
VISA一本槍でmasterカード自体を一枚も持っていない人も多いというのに
敢えてmasterカードを選ぶという選択。

なんだかウキウキしている。
クレジットカードは、持つ人に「所有する喜び」を与えてくれる力を持っているような気がするなぁ。

Posted at 2004/06/23(水曜日)12:02

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »