デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年08月22日

楽天カード

[[楽天カード:http://card.rakuten.co.jp/]]をご存じだろうか?新しく発行されることになった[[楽天市場:http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=NXWSS+40OCS2+5WS+C28PV]]で使える楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカード。楽天の買い物は2%相当額が、楽天以外の店でもVISAとして使えば1%相当額が楽天スーパーポイントとして還元されるお得なクレジットカードだ。

8月の10日頃にこのクレジットカードの申し込みをweb上から行った。2ちゃんねるで見たところではなかなか申し込みが殺到しているようで、かつてのファミマJUPIカードのように申し込みから発行まで何ヶ月もかかるのかと思っていたら、一昨日、承認のお知らせメールが来た。

三井住友カードの学生用VISA(デビューカード)をもともと持っていたのが良かったのかもしれない。楽天カードは三井住友カードの提携カードで、噂によると与信枠も三井住友カードと共通枠だとか。在確電話もなし。僕は学生だが20歳を越えて成人なので保護者承認も不要だ。

お知らせメールによると、本人確認書類などを発送させるための書類一式が送られてくるので必要事項を記入して返送すればいいらしい。カード到着まであと1,2週間といったところだろうか?表がほぼ真っ白に「RAKUTEN」の文字、裏面は赤色らしい。なんだかイヤらしいというか、セクシーな色遣いなのか!?という第一印象をうけた。

これで電気店で買い物しても高速道路に乗ってもローソンでお菓子を買っても、支払代金の1%が楽天スーパーポイントになって戻ってくることになる。今僕は毎月平均してクレジットカードを5万円くらい支払いしているので、単純に考えても500ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるはずだ。これは年間で約6000円分。結構おいしい話ではないか!

・・・と思っていたら、案外そうでもないことが発覚した。三井住友プロパーでもリボ専カード「マイぺいす」の契約をしていたら利用額の1%が還元される。三井住友プロパーの「ワールドポイント」はそのまま無手数料で楽天スーパーポイントに振り替えられる。これを合わせるともともと楽天では買い物額の1%相当額はポイント還元されるので、よく考えたら今までも実質2%還元を受けていた。

楽天カードの存在意義っていったい・・・と思った。またいらんカード増やしてしまった。ワロタ

Posted at 2004/08/22(日曜日)11:27

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »