デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年08月23日

使い捨てコンタクトレンズの通信販売

楽天市場にリンクを張っている関係で楽天をよく利用するようになった。実は楽天アフィリエイトは、サイトの訪問者が利用するための広告ではなくサイト主が自分で利用するためのものなのかもしれない。広告収入の何倍かは自分で楽天での購入に当ててしまっているから、まんまと楽天の罠にはまってしまっているということだ。

で、僕が楽天でぶらぶらしていたら、20代男性の購入人気ランキングなるものがあった。僕も一応20代男性なのでのぞいてみたら案の定お洒落なグッズやデジタル物などが多かったのだが、その中でなぜかコンタクトレンズが。ボシュロムのメダリスト(6枚入り)が定価の半額近くで売られていたのだ。

目のケアをいい加減にやって眼病にでもなったらイヤだからきちんと眼科に行って診察してもらい、そこでコンタクトレンズを買っていた。毎回診察にゆくたびに片目2箱ずつ計4箱購入していたのだが、先月はちょうど持ち合わせが無くて片目1箱で計2箱しか買わなかった。なにしろ4箱同時に買うと1万円を軽く超える買い物だ。

だからうちにはちょうど手持ちが少ない状態だった。同じ商品なのだからこの際この安い1箱を追加して買うことにして、若干の差益を得たわけだ。眼科では1箱だけ買って診察をしてもらい、もう1箱は安い通販で購入する。お得だ。

ところで、実際は通信販売で売られているコンタクトレンズは眼科などで売られている物と完全に同じ訳ではないらしい。コンタクトレンズはどこで買った物もボシュロムの工場で作ったものだから同じだが、箱が違う。眼科で買うなど高い物はもともと日本国内流通用に梱包された物で、通販の安いのは外国用に梱包された物。だから中身は同じでも通販で買ったら箱が英語しかなかったりすることもある。

箱の違いだけなので、気にする人は気にすればいいし、気にしない人は安いのを使えばいい。僕はあまり気にしない方なので、安いコンタクトレンズを使うことにする。

今回の買い物は、楽天アクアコンタクトで。

Posted at 2004/08/23(月曜日)11:29

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »