デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年11月08日

好きなカレンダーを掛ける

近野成美 2005年度 カレンダー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もう11月。気持ちの上ではすっかり冬だ。重たいノルマから解放されて、僕も友人たちと鍋をする計画を立てたり年賀状の準備を始めたり、すっかり冬モードに突入している。年賀状のデザイン選びも結構好きなのだが、新年のカレンダー選びも凝ってみると案外おもしろい。

僕も家族も写真好きな事もあって実家では風景写真などをあしらったカレンダーが多い。特に実家の食堂兼リビングにかけるカレンダーはここ10年ほど毎年、6*6版で北海道を中心に雄大な自然を撮影した今は亡き偉大な風景写真家・前田真三の作品集カレンダーが多かった。

しかし一人暮らししてみると、どんなカレンダーでもかけることができるノダ。家族と暮らしていたら恥ずかしくて掛けられないようなカレンダーだってどうどうと掛けることが出来る。だから、カレンダー選びもワクワクしてくるのである。ワンルームマンションだと一年に一つしかカレンダーを使わないだけに、選ぶ気合いも余念がない。

カレンダーを探していて(゚∀゚)=3ムッハ~!!と思ったのが近野成美カレンダー。こりゃヤバイわ、好みドンピシャ。めっちゃ(*´д`*)ハァハァ。

HATSUKOIlt;初恋gt;近野成美
近野成美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こっちの作品はさらに(゚∀゚)=3ムッハ~!!だけど、実は彼女は1988年生まれだそうだ。僕よりも7歳も下なのか!これにはちょっと驚いた。あんまり(;´Д`)ハァハァしてると逮捕されるな、こりゃ…

そういえば2002年は池脇千鶴のカレンダーだったような気がするが、今年は池脇千鶴のカレンダーが書店にない。amazon.co.jpにもないのだが、もしかして今年は販売しないつもりだろうか。池脇千鶴が三井のリハウスガールだった頃からこっそり応援していただけに、これは残念だ。ドラマ・映画にはまだまだ出ていても、カレンダーを売るようなアイドル的存在は卒業ということなんだろね。もうアイドルっていう年齢じゃないしね。

なんだか今日は全然お得な話でも物欲天国な話でも無くなってしまったが、今日はこれだけ。

Posted at 2004/11/08(月曜日)23:34

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »