デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年12月02日

メインのクレジットカード

冬というと、ボーナスも出て、忘年会が続き、バーゲンがあり、クリスマスや正月、スキースノボ…ともかくおカネの出入りが激しい。現金主義の人には関係ないかも知れないけれど、こういう時期は物騒でもあるから現金を大量に持ち歩きたくない人にはクレジットカードがあると便利な時期でもある。JCBは国内生まれの唯一の世界ブランドで会員数も国内No.1のクレジットカードとして人気。

クレジットカードには種類はいろいろあるけれど、1枚はスタンダードなカードも持っておきたい。それは三井住友カードやUC、UFJ、DC等の銀行系カードでもいいし、JCBカードのような大手カード会社のプロパーカードでもいい。持っているカードがどこかのクラブの会員カードだけとか近所のスーパーのポイントカードだけというのは(気にしない人もいるだろうけど)僕はやっぱりちょっと寂しい。

以前もどこかで書いたように、僕はかなりクレジットカード大好きな人間でカード決済が可能な店なら大抵現金では払わずにカードで済ませる。銀行口座から勝手に引き落としてくれる方が便利だし、ポイントも付くのでお得感もある。普段からカードで払えるものは意識してカードで決済するようにしていると僕の場合年間で100万円弱くらいはカード決済していて、ポイントだけでも結構イイものと交換できたりするので嬉しくなれる、という案配だ。

カードを選ぶ際に気にしたいことはいくつかあるけれど、やっぱり普段から持ち歩いて積極的に使うカードはデザインが好きになれることが大事。カードを複数持っているとどうしてもメインで使うカードと引き出しの中で死蔵されるカードに分かれるけれど、死蔵されるカードというのは大抵自分であまりデザインが好きになれないカードだから。可愛がってやれるカードであることはメインカードになるための大事な要素だ。その他に、ポイント制度や支払いのタイミング(引落日)、不正使用や紛失時のサポートや保険制度も要チェック。

JCB
三井住友VISAカード

Posted at 2004/12/02(木曜日) 1:24

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »