デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年12月11日

Canon PIXUS MP370

Canon PIXUS MP370


Amazonで詳しく見る

Canon PIXUS MP370はキヤノンの新型のスキャナ・コピー・プリンタ複合機。

amazon.co.jpのレビューによると…

「原点は、写真の美しさを広げることにある」をテーマに開発された、スキャナ、コピー、プリンタの機能を内蔵した複合機。これまでの「複合機」のイメージは、どの機能もそこそこ使えるが中途半端という印象がぬぐえなかった機器も多かったが、本機は各機能が本格的である。4800×1200dpiの画質、カラー印刷毎分12枚の高速出力、光学最大1200×2400dpiのCCDフラッドベッドスキャナなどのスペックは、少し前の専用機以上だ。

テーマどおり、写真ということに関しては特によくできている。フチなし印刷対応は当然だが、フチなしコピーも可能なので焼き増しや引き伸ばしが簡単にできる上、2plスーパーフォトノズルと記録解像度1200dpiでコピーとはいえ、高画質を実現。出力もパソコンを使わずにプリントできる、「カメラダイレクト」機能の進化版を搭載している。また、パソコン使用時は、USB 2.0インターフェース対応で、大容量データの転送もスムーズに行うことができる。

…とのこと。

確かにスペックで見て、この製品はかなりスゴい。僕はプリンタとスキャナは複合機ではなく専用機で保有しているけれど、それよりもこの複合機のほうが高いスペックを持っている。

こうなってくると、家庭用のレベルでは品質面で見て複合機が専用機に負けるという要素は限りなく低くなってきた。あとはサイズの問題だけだが…これは当面はやはり専用機有利らしい。プリンタとスキャナを一つにまとめる時点でやはりどうしてもサイズはかなり大きくなる。複合機もずいぶんと小さくなってきたから今後は徐々に良いほうには向かってゆくと思うのだけれど。

Posted at 2004/12/11(土曜日) 0:31

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »