デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年12月16日

Ricoh Caplio R1衝動買いレビューレポート(前編)

到着したところの図開封したところの図ご対面!

Ricoh Caplio R1 キタ━(゚∀゚)━!!!!!というわけで、ついに衝動買いの申し子でもある新しいデジカメが到着してしまった。上に挙げた3つの写真はその到着の瞬間の興奮を生々しく伝える写真。

開封後の第一印象は、思っていたより小さいということ。これまで持っていたcanon IXY DIGITAL Lシルバーよりは大きいものの、内心はもっと大きいものを予想していただけにこのサイズの小ささはポイント大。この携帯電話(N504i)と大きさ比べをした写真を見ていただければおおよそのサイズは分かっていただけると思う。

携帯電話とサイズ比べっこ

このレンズ部が突出しているのは電源がONの時のみで、普段は閉まっている(上のデジカメ到着時の写真を見ていただければわかる)。このレンズカバー部がどうも華奢そうで怖い。もしこのデジカメでどこかが故障するとしたらこのレンズカバー部かなという予感がする。

メモリーは内臓メモリとSDカード。SDカードはIXY DIGITAL L用に128MBのものが2枚あったので一枚流用させていただく。操作感は軽快でまずまず。メニューの設定項目も一通りのものは揃っている。2ちゃんねるデジカメ板Ricoh Caplio総合スレによるとISO自動設定では100~400のうちで最適な感度を選ぶらしく、ISO64は手動で設定しなくてはならないらしい。ということで早速感度の設定をISO64にした。

レンズ解放F値はF3.3-4.8ということで案外しょぼい。銀塩フィルムコンパクトカメラに比べればテレ(望遠)端135mm相応でF4.8というのはかなり明るいのだけど、外観でこれだけレンズがでかくて焦点距離4.6~22mmというならF2.8-3.5とか…ムリ?IXY DIGITAL Lが39mm相応で解放F値2.8で多少薄暗いところでも比較的当り前のように撮影できたので余計にそう思うのかも知れない。

電源は単三乾電池と専用のリチウムイオンが使用できる。リチウムイオン電池は今やほとんどのデジカメに利用されているけど稀に今でもリチウムイオン電池が使用できない機種がある。電池の持ちが全然違うので電力消費の激しいデジカメにはリチウムイオン電池の有無でデジカメは使い勝手が全然違ってくる。諸氏も、デジカメ選びの際にはリチウム電池の有無に注意されたい。このカメラは電池の持ちはかなりよいと聞いていたので期待している。ただ、願わくば充電器のコンパクトを計ってほしかったところ。下の写真で並んでいるのがキヤノンの充電器とリコーの充電器。右の写真はキヤノンの充電器の裏面で、コンセント部もとてもコンパクトになっていて長期旅行の時は持ち運びも便利になっている。

リコーとキヤノンの充電器キヤノンの充電器

ソフトウェアはキヤノンはZoomBrowser EXでリコーはRicoh GATE LA。使い勝手は、正直言ってRicoh GATE LAのほうがイマイチ。もっともキヤノンのZoomBrowser EXのほうも決して使い勝手がよいわけではないが。リコーのソフトはそのプレビュー画面から直接レタッチソフトに画像ファイルを渡せないのがいただけない。せめて右クリックメニューに「編集」か「プログラムから開く」という項目を作って置いてくれればずいぶんと便利になっただろうに。また、リコーのRicoh GATE LAはタスクバー常駐型ソフトウェアなのも印象マイナス点。画像取り込みアプリを常駐させる意味がないし。まぁ素人はExplorerでも使いなさいってことなんでしょうか…。

キヤノンのZoomBrowser EXリコーのRicoh GATE LA

ゴタクばっかり並べて、実はまだ全然新しいデジカメで撮影していない。このページにある画像は全てIXY DIGITAL Lで撮影したもの。あいにくもう日が落ちて外で撮影できないし、部屋の中は恐ろしく散らかっているので撮影してもアップロードするのははばかられる。というわけで、撮影した感想はまた明日以降。


Caplioの情報がもっと欲しいという人には、あちこちのウェブログなんかが参考になると思う。どれも実際に使ってみて感想を書いている人ばかり。言うなれば、使用者のナマの声ということ。以下は、僕が参考にしたCaplioレビューたち。

GX DAYS かなりにマニアなGX診断室
http://gr21.exblog.jp/1185596/

papalog 「Caplio R1」を使ってみて
http://papalog.jugem.cc/?eid=59

digirepo Caplio R1考察(広角編・マクロ編)
http://clown5.tea-nifty.com/digirepo/2004/12/caplio_r1.html
http://clown5.tea-nifty.com/digirepo/2004/11/caplio_r1_1.html

今日はこれだけ。

Posted at 2004/12/16(木曜日) 0:20

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »