デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年12月17日

軽快なIEコンポブラウザ unDonut

unDonutスクリーンキャプチャ画像

ウェブブラウザのシェアはまず圧倒的にInternet Explorer(以下IE)があって、その下にOperaやNetscape、そして今年話題を集めたFireFox等がある。だがIEコンポーネントブラウザというカテゴリにはIEをベースにした多岐多様なブラウザが開発されフリーで配布されている。非常に優秀なものもあり、多くのファンを獲得している。その中で僕が愛用しているのはunDonut。このunDonutの紹介。

IEはセキュリティの問題の他にもタブ機能やマウスジェスチャー機能が実装されていないなど今となっては非常に時代遅れの20世紀型ブラウザとなってしまい、もはや他のブラウザにシェアを食い潰されるばかり。挽回には一日も早く、まだ見ぬ「Internet Explorer7」を発表するしかない?

OperaもFirefoxは常に先進機能を取り入れ、多くのユーザーの批評に揉まれながら成長してきた。タブ機能とマウスジェスチャー機能、検索ツールバーはそこで磨かれた機能の代表的なものだろう。もちろんIEでも、検索ツールバーにはgoogleツールバー、マウスジェスチャーにはマウ筋などのフリープラグインソフトがあり、自分の好みにあったチューンナップが不可能な訳ではないが…。

unDonutはDonut系ブラウザで現在最も先進的なポジションにある。DonutPから派生したDonutP unofficialが母体となっていて、レンダリングにはIEエンジンを利用しているがタブ、マウスジェスチャー、検索バー、プロクシ、ポップアップ抑止などの機能を一通り揃えている。もちろんフリーソフトウェア。DonutPのほうが旧型だがやや動作が軽いので年季の入ったパソコンを使っているならDonutPを使うという選択肢もある。

こういうことを言うとOperaファンに怒られるかもしれないが、Operaは最速ブラウザを自称しているけれどIEと比べてもFirefoxと比べても断然動作が遅い気がする。特に起動に要する時間と、テキストエリアに文字入力を行う時、そして新しいページを開く時にIEに比べて遅すぎませんか?どうですか?別に僕はマイクロソフト信者ではないが、色々ブラウザを試してみて思うのは、最速ブラウザは実はIEではないかということ。ページの表示自体はFIrefoxのほうがパッという感じだが、体感では読み込み途中から表示し始めるIEのほうがページのレンダリングが完了してからページを表示するFirefoxより速く表示できるように感じる。

Firefoxも一時期使ってみたが、マウスジェスチャーでunDonutは「上下左右」しか検出しないのに対してFirefoxプラグインでは「斜め」も検出するため、多くのジェスチャーが可能な代わりに厳密なマウス操作が求められる。Donut系のほうが多少歪んだ軌跡でも寛容に解釈してくれるぶん、ミスが少ない。

もしタブ機能やマウスジェスチャー機能が欲しくて他のブラウザを使っている人がいるなら、一度IEコンポーネント型のブラウザを試してみて欲しい。有名どころではSleipnirかDonut系があるが、動作の軽さでunDonutをお勧めしておく。


unDonut公式サイト?(タブブラウザ関係物置)
http://www5.ocn.ne.jp/~minute/tab/
タブブラウザ推奨委員会
http://tabbrowser.ktplan.jp/valinor/undonut.html
タブブラウザSleipnir公式ページ
http://www20.pos.to/~sleipnir/
Firefox公式
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
opera公式
http://opera.livedoor.com/download/


今日はこれだけ。
(昨日の「Ricoh Caplio R1衝動買いレビューレポート(前編)」の続報はチョット待ってくだされ。ちょっと忙しくて写真を撮りに行く暇がないもんで)

Posted at 2004/12/17(金曜日) 0:30

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »