デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2004年12月19日

PSP(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

PSP バリューパック


Amazonで詳しく見る

PSPの人気は過熱するばかり。今ではネットから購入できる通信販売はどこも売切れ、大型電機店でももちろん売切れ、しかも予約するにも出荷元から販売店に「入荷台数がどれくらいある」という情報が行かないために予約を受け付けていない店がほとんど。プレミアもついて、高騰する価格はしばらく続きそう。

そもそも初期の生産台数20万台というのがあまりに少なかった。ドラクエ8なんかがウン百万個を出荷しているのに、最初はこれまでになく多機能なこの機種の売れ行きが予想できなかったということで20万台のみしか出荷する予定がなかったとのこと。ソニー・コンピュータエンタテインメントもやや弱気すぎたか。

人気の高い商品が品薄になると必ず出てくるのが、価格つり上げのニュース。今回もその例に違わず、毎日新聞がこんなニュースを報じるなどあちこちで価格のつり上げ騒ぎが起きているらしい。バリューパックがメーカー希望小売価格が26040円のところを41700円で売っていたようだから60%のプレミアが付いていることになる。

アマゾンの中古商品取り扱い市場にあたるマーケットプレイスでもメーカー希望小売価格を大幅に超える値がついている。また、楽天市場でPSPを探してみるとどこも品切れ。ヤフーオークションでは比較的多くの商品が流通しているが、ここでもやはり価格はメーカー希望小売価格を超えている。

店舗で品切れが続くのは(もちろん個人で購入したい人もいるだろうけれど)このようにネットで転売して利益を上げようという人が多いのも確か。時間が経てばいずれ商品は市場にたくさん供給されてくるだろうから、タイミングと自分のサイフとを見計らってうまく手に入れるようにしたいところだ。

Posted at 2004/12/19(日曜日) 0:40

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »