デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月02日

このサイトのMovableTypeについて

このサイトのMovableType構成についてちょっと解説。もしこれからMovableTypeを使って自分のウェブサイトスペースを作りたいと思っている人がいたら、参考になれば。

前もって言っておくと、MovableTypeを使えるようになるにはそれなりの「HTML言語の知識」が必要なのはもちろん、「CSS(カスケーディング・スタイルシート)の知識」が無いと話にならない点が多い。

全てデフォルトで使用するというならこれらの知識などは皆無でも使えなくはないが、ライブドアBlogやココログ、ブログ人などが様々なモジュールを用意してくれているので簡単にウェブログを始められるのに対してMovableTypeはそのような親切なモジュールはない。もちろんMovableTypeの使用者がフリーで公開しているモジュールを用いれば無料でほとんどどんなモジュールでも利用可能だが、これらのモジュールだって自分で自分のサーバースペースに置き、自分でHTMLベースのテンプレートに組み込む必要がある。


低コスト・簡単・安定したMovableTypeを利用したいという人にお勧めするとしたら、こういう組み合わせを薦める。

  • ウェブサーバー:XREA
  • MovableType3.121日本語版+PHP+MySQL
  • 文字コード:"EUC-JP"
  • エディタ:macromedia DreamWeaver MX 2004

XREAは無料で利用可能なサーバーとしては国内で最強なのではないだろうか。ここに年間2400円で広告免除権+容量拡大(1GB)を獲得できるので、これを使うとよい。ウェブサーバーで容量が1GBというのは事実上無限大といっても過言ではない。実際にサーバー容量が問題になる前に転送料(1GB/日)の壁にあたるほうが深刻になるだろうが、かなりの人気サイト出ない限り転送料で悩むことも出来ないのでご安心を(泣。XERA以外ではロリポップやさくらサーバーを借りる人が多い。また自宅サーバー上でMovableTypeを動かしている人も少なくない。

文字コードは本当は"UTF-8"のほうが汎用性や将来性で優れているが、"EUC-JP"以外ではXREAの公式サポートを受けられないので仕方なく。実際に"UTF-8"でMovableTypeをインストールしてみるとテンプレートの生成で異常が生じるという報告(s102、s103など)が多数。"EUC-JP"で設置してから文字コードを"UTF-8"に変換するとうまくインストールできる(s37で確認済み)のだが、これは面倒で大変。

CSSとの連携の優秀さから言って"macromedia DreamWeaver MX 2004"がオススメだが、価格は非常に高い。僕は学生なので学生版を利用できる。学生版なら"DreamWeaver MX 2004"は12000円程度で購入可。通常版でSTUDIOを買うと10万円は下らないので学生でない人はがんばって下さい。実際、学生でない人はかなり頑張ってDreamWeaverを買うか、FrontPage2003などを使うか、テキストエディタで作業するか…ホームページビルダーはソースが非常に乱れるので、ソース重視・独自タグ頻発のMovableTypeテンプレート改造には向かないと思う。

Posted at 2005/01/02(日曜日) 2:42

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »