デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月06日

日記続けられる?三日坊主?『日記の魔力』

日記の魔力―この習慣が人生を劇的に変える
表 三郎
サンマーク出版
2004-08-30


by G-Tools

これは雑誌で見て知った話。最近、日記を付けるのが密かなブームになっているとか。ウェブログもこの日記に限りなく近いものもあるが、ノートとペンで紙に書く“クラシック”な日記も人気を集めている。その隠れた火付け役となっているのがこの本らしい。

日記をつけはじめてみたものの、なぜか続かずに挫折する。そんな経験をお持ちの方にオススメなのが本書。日記の書き方、続け方、そして、その効果的な活用法のすべてを一冊の本にまとめたものです。

著者は日記歴30年の自称「日記の名人」であり、また駿台予備学校のカリスマ名物講師として有名な表三郎先生。「日記は人生のサポーター」が口ぐせで、人に会うと、つい日記を書くことを勧めてしまう「日記の伝道師」でもあります。

この本を読み終えたその日から、日記をつけたくなる……。そんな魔力を秘めた本です。

上の文章はこの本に対する著者のコメント。この本を読んだという何人かの人もちょっと日記を書いてみる気にさせられてしまうということは言っていたので確かなのだろう。

僕自身高校1年の頃から5年間ほどは日記を付けていた時期があって、その日記帳として使っていた大学ノートは今も大切に保存してある。いつしか疎かになってしまい今は完全に止まっているが、読み返してみるとかなり恥ずかしいことやニヤニヤしてしまうことばかりで結構これが面白い。

人気ブックスのランキングにも入る本なので近所の書店でも並べられていることだろう。見かけたらぜひ手に取ってみて欲しい。その気になったら帰り道にノートも買って、日記をつけてみてはいかが?

Posted at 2005/01/06(木曜日)20:36

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »