デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月09日

マルチアカウントメッセンジャー 「Regnessem」

b20040110.gif b20040110b.gif

MSN messengerを初めとする各種メッセンジャーの普及はものすごい勢いを見せているようだ。そのメッセンジャーに関する無料で便利なアプリケーションのご紹介。

今ではパソコンの使い方を学ぶための動機としてインターネットがしたい・メールのやり取りがしたいというのと並んでメッセンジャーでチャットがしてみたいという人もかなりいるとか。また企業内の連絡でメッセンジャーを使っている例も多く、営業マンのように会社外を出歩くことが多い人でもメッセンジャーを使うと互いに便利だとか。

だけど、個人でメッセンジャーを使う時のアカウントと仕事や学校で使うためのアカウントを分けている人の場合は、メッセンジャーで複数アカウントの同時ログインに対応していないことで不便を感じたこともあるだろう。たとえばMSN messengerであるアカウントでサインインしている状態から別のアカウントでサインインすると、「別のアカウントでサインインしたために自動的に接続が切断されました」といって二つのアカウントでの同時接続が禁止されてしまう。

そこで複数アカウントでの同時ログインを可能とするソフトウェアが色々開発されていてウェブ上で公開されている。中でも最も定番で人気も高いのが「regnessem」。読み方は「レグネッセム」でよいのかな。これはメッセンジャーでの複数アカウントを一つのアプリケーションで一括運用するために便利なアイテム。複数のアカウントを登録しておけば複数のアカウントで同時にサインインしている状態を実現できる。

見た目も上に挙げた写真のようにスキンを変更することが可能で、デフォルトのデザインの他にwindowsXP Lunaインターフェース風の「Luna」とmac OS X系チックな見た目の「Aqua」などが用意されている。

実はこのregnessem、かつてはyahoo!メッセンジャーやAOLメッセンジャーなどのアカウントも同時に使えて、複数メッセンジャーで複数アカウントを実現していた時期があった。しかし何らかの問題(ライセンスの問題など?)から今ではMSN messengerにしか対応できないようになっている。メッセンジャーアプリケーションなんていうものはユーザーの数を増やしてナンボというところがあって、ユーザー数の伸びないメッセンジャーはやがて死に至る以外の道はない。利害問題も合ったのかもしれないが、ユーザー数が伸びるきっかけになるこのようなアプリケーションの開発に水を差すライセンス問題はいかがなものかという気もしなくもない。


公式サイト(無料ダウンロードも可)
http://regnessem.sourceforge.jp/

Posted at 2005/01/09(日曜日)14:59

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »