デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月17日

オススメの一冊『泣ける2ちゃんねる』

泣ける2ちゃんねる
泣ける2ちゃんねる管理人
コアマガジン 2004-02-14


by G-Tools

新聞を見てもテレビを見ても殺伐としたニュースが続く今日この頃。日常の暮らしの中では涙を流すようなこともなくなってしまった乾ききった生活を送っている人にお勧めする一冊。この本を読んで泣く涙は、涙といっても悲しさ故のものではなく、愛情たっぷりの涙なのです。

amazon.co.jpのマーケットプレイスでこの本を買い、その日のうちに全部読んでしまった。2ちゃんねるの感動系「良スレ」から良カキコを集めたこの本、誇張なしに本当に何度かホロリと来るカキコも。家族愛、兄弟愛、異性への愛情、ペット愛などテーマは「愛」だそうで、帯にはこのように書かれている。「愛を、伝えたい。…日ごろ口に出せない親への感謝の気持ち、我が子への想い、夫・妻にどうしても言えなかった一言、別れてしまった恋人との思い出、なくした友達との輝く思い出…数多くの人の溢れる愛が、ここにあります。」

個人的にオススメなのは、孫の婚約者の親に言われた言葉がきっかけで祖母が残した手紙のエピソード、ハム太郎の映画を楽しみにしながら突然この世を去ってしまった姪のエピソード、恋人の愛犬のエピソード。いい年こいたオサーン(おれ)が夜中にコタツで本を読みながら嗚咽している姿は滑稽なものがあるけれど、いや、マジで泣けます。お薦めの一冊。

Posted at 2005/01/17(月曜日) 7:23

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »