デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月26日

PCの動作が速くなる?「速PACK 2005」

速PACK 2005 (スリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

インターネットやパソコンを高速化するソフト「驚速パソコン」、メモリを高速化するソフト「驚速メモリ」、CD、DVDを圧縮してハードディスクに収納するユーティリティ「携速xp」、ダウンロードを高速化する「驚速ダウンロード SUPER」のセット。初心者でもお手軽にwindowsのチューンナップが出来る点は優れている。

ただしこういうアプリケーション個々の機能をよく見てみると、ちょっとパソコンのカスタマイズの手間を惜しまない人であればほとんどコストを掛けずに実行できるものが少なくないのも確かだ。

たとえば「驚速パソコン」。このアプリケーションでできることと似たようなことが、「窓の手2004」「win高速化XP+」で実行できる。

またCDやDVDを圧縮してハードディスクに収納するユーティリティ「携速xp」に関しては、圧縮機能がなくそのままCDのイメージファイルをハードディスクに収納するだけならフリーのCD-ROMドライブエミュレーターアプリケーション「D-tools(deamon tools)」でできる。ただしD-toolsを使うにはCDからイメージファイルを抽出する必要があるのでそのソフトが必要になる。cloneCD4などがあればCDからイメージファイルを取り出すことはすぐに可能。

「驚速ダウンロード」に関してはダウンロード高速化アプリケーションがこれまたフリーで配布されているのでそれで代用OKである。

「驚速メモリ」に関してはちょっとフリーのアプリケーションを僕は知らないのだが、これも探せば出てくる可能性は高いと思う(日本語アプリケーションとは限らないが、cloneCD4だってD-toolsだって今は日本語パッチがあるものの以前はみんな英語版を利用していたのだから、英語でもOKとなるとかなりのことはフリーで出来るようになる)。

要するに手間を惜しまなければ自分でもできるチューンナップを、初心者でも面倒な手間と基本的な知識を集めることなくできるようにしたソフトウェアということになる。この手のソフトウェアは使ってみると確かに効果が無いわけではないので、パソコンの高速化を期待している人は実験半分で投資してみるのもアリ?

ただし、いつも言っているようにパソコンの動作をサクサク高速化したいならやっぱりメモリの増設と画面効果オフがよく効く。ノートパソコンでも電機店に持ち込めば対応メモリが販売されている機種ならメモリの増設を受け付けてくれるし、デスクトップパソコンなら自作なんかしたことがない初心者でも簡単にメモリの増設が出来るので、お試しあれ。

Posted at 2005/01/26(水曜日) 0:08

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »