デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年01月27日

自転車操業からオークション詐欺に走るメカニズム(4)

チャリンカーと呼ばれる自転車操業の人が最後には商品の発送が出来なくなって破綻に至る、という赤字経営は2月1日のヤフオク規約改定で根絶される(見込み)。その〆切を目前に大型チャリンカーが次々と転倒して2ちゃんねるオークション板をにぎわせている。なかでもtarechanというIDで自転車操業を1年にもわたって続けてきた出品者が、今まさに転倒しようという状況に陥って祭り状態となっている。

【心肺】tarecyan転倒20【停止】
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1106736587/

このtarechan(タレちゃん)、1年ほど前から様々な商品を一般市中売価に比べて大幅に安い価格で販売してはほぼ1ヶ月後に納品するという自転車操業を繰り返していた。ここ数ヶ月は出品ペースが急速に速まり、PSPやニンテンドーDSなどを10000円前後の破格値で30個以上も同時に出品しては即決で次々と落札されてゆくことが多くなった。売上は一晩で200万円を超えることも珍しくなく、同時に市中価格の半額程度で即決するために納品赤字も毎晩のように200万円以上たまってゆくという、悲惨な赤字経営を繰り返しているのだった。

200万円分のPSPを納品するために次の出品をまた格安で行ってその売上で先月の落札者に納品する、ということを繰り返して行くうちに、赤字額はユキダルマ式にふくらんでいった。毎晩数十~数百のPSP等を半額で売り続けた結果、今では未納品の弁済必要額は2億円を超える(!)とも言われていて、もうおそらく本人にも家族や周りの人にもどうにも出来ない状態になっているのだ。

しかもバックれたり破産宣告によって免責を図ったりすることなく健気に商品の発送と出品を繰り返している姿は滑稽でもある。善良な2ちゃんねらー(?)らが落札連絡メールに記載されていた電話番号に電話してもう自転車操業的出品をやめにするように説得を試みたりしたのだが、何れも現在まで無駄に終わっている。

tarechanの評価欄では、様子がおかしいと気付いた落札者たちが返金を要求し始めているが、中にはtarechanのピンチにかこつけて(自分は半額で落札したくせに)低下での返金を求める輩もおり、またそのうち何件かはtarechanは定価での返金に応じたらしい(湖子まで来るとバカ)。

もうあと数日ももたずにこの自転車は転倒するに違いない。今も毎時数十万円の規模でふくらみ続ける赤字。数億円の弁済義務を残して転倒した自転車は、一体どう始末されるのだろうか…


まとめサイト
http://tarecyan.bbsp.net/

tarecyanヤフオク出品物
http://openuser5.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/tarecyan
tarecyanブログ http://bookterminal.livedoor.biz/
tarecyanサイト http://www.bookterminal.net/

Posted at 2005/01/27(木曜日) 0:00

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »