デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年02月01日

windows 家庭内LANで遊んでみる(3)

家庭内LANでの遊び方に大分慣れてきたら、今度はリモートコントロール機能も使ってみよう。windowsXPに搭載されている「リモートデスクトップ機能」が便利だ。

先日言ったように、僕は3台のパソコンを家庭内LANで結んで使用しているが、普段は一つのパソコンしか操作していない。他のパソコンはLAN経由で遠隔操作しているので、電源も入っているし実際に色々な仕事をさせていたとしても、キーボード・マウス・ディスプレイは繋がっていないのだ。

このLAN経由での遠隔操作を可能にするのがリモートコントロール。自分のデスクトップ上に他のパソコンのデスクトップを表示して操作できる。windowsXPのリモートデスクトップなら簡単に使用できるので、使ってみて欲しい。これは面白い。この機能だけでも結構遊べてしまいそうだ。

windows2000でもリモートコントロールは可能だし、シマンテックのpcAnywhereのようなソフトウェアを使えばもっと簡単にリモートコントロールが可能になる(実は僕はこのpcAnywhereを利用している)。

pcAnywhere 11.0 Complete 日本語版 2License P
シマンテック 2003-09-19

by G-Tools

インターネット経由で会社から自宅のパソコンを操作するというようなことまでできてしまうのだから、このリモートデスクトップは単なる遊びではなく出張先から自宅のメールチェックをしたり、自宅から会社のパソコンにあるファイルを読み出したり、とにかく応用の幅がスゴい。

この機能を使わないのではかなり損している、とも言えるかも知れない。

Posted at 2005/02/01(火曜日) 6:39

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »