デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年03月07日

お求めやすく「iPod mini 4GB」

魅惑のiPod mini

後輩の一人が「iPod shuffleを買いますよ!」と言っていたのを聞いて、一度は収まっていた物欲が再びムラムラとわき起こってきた僕であるが、どうやらiPod miniの方も発売当初に比べてお求めやすくなっているようだ。発売時は2GBと4GBというラインナップだったものがいまは4GBと6GBとなっており、しかも同じ4GBのものを買うのでも今のモデルの方が価格が下がっていて「買うならイマ!」と悪魔の声が僕にささやきかけてくる…

Apple iPod mini Silver 4GB w/USB [M9800J/A]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マイナーチェンジしてバッテリー機能が向上

iPod miniはその見た目は全く変わらないまま中身だけ少し変わるというマイナーチェンジをしたわけだけど、旧モデル新モデルでは記憶容量が2/4GBから4/6GBに変わったほかに、バッテリーの性能が大幅に向上している。上の行のリンクがそれぞれのスペックページにつながっているので見ていただければわかるように、これまでは一度の充電で8時間の音楽演奏が可能だったのが、新型では18時間に延長されている。電車で片道1時間の道のりを音楽を聴きながら通う人なら充電が週に2回必要か首烏に1度で十分なのかという違い。この違いを大きいと感じるか些細なことと感じるかは人それぞれだけど…。

シルバー4GB以外買ったら負けかなと思ってる(ニート談)

必要最低限の用事以外は自宅で過ごす半ニート的生活を送っている僕的には、早く自宅を一歩も出ずに音楽のダウンロードできるオンライン販売が始まってくれることを願っているけれど、そんなことしなくてもwin*yさえあればうわなにをするあwせdrftgyふじこlp!…というのは冗談で、いずれにせよあと数年もしたら人気アーティストのアルバムなんていうのはインターネットを介してダウンロード購入するのが当たり前になってくるだろう。だからmp3で音楽を聴くのはこれからの主流になる。ということは、今後もどんどんmp3プレーヤーは登場してくるわけで、今買ってしまうとまだこのiPodが使えるうちにもっと音がよくてバッテリーも長持ちして軽くて小さくて格好良くてカワイいmp3プレーヤーが出てくるに決まっている。しかも、僕は近所の電気店の店頭でモックアップを見てそのmp3プレーヤーを買いたくなるに決まっている。だから、6GBの高い方のモデルを買うのはやめて、4GBで我慢すべきだと思う。

もう一つ、iPod miniは色んなカラーバリエーションがあるのだけどもどれも色使いが「カワイすぎる」。僕は男で、しかも残念ながらあまり色気とか華やかさとかがない無骨な見た目の人間なので、ピンクやライトブルーのiPod miniを持ち歩いているとどう見てもキモい図になってしまう。iPod miniの現在のカラーラインナップでは消去法的にシルバーを選ばざるを得ない。

結局こんな理由で、買うならiPod miniのシルバー4GBモデルということに決定した。今月は別のウェブサイトからの収入がイマイチでどうも毎月の半分くらいになってしまいそうで、今買うと非常に苦しいけれど、例によって例のごとくアマゾンのショッピングカートに商品を入れて「ご注文はこのボタンをクリックするまで確定されません。『注文を確定する』をクリック」の画面を前に、物欲の葛藤が生じているのである。


追記:win*yの違法なファイル交換は犯罪ですよ☆

Posted at 2005/03/07(月曜日) 9:56

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »