デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年04月20日

macromediaがAdobeに34億ドルで買収される

このニュースにはおったまげた。macromediaと言うとウェブ技術のFlashで有名だが、個人的にはdreamweaverでお世話になっているので愛着のある会社なのだ。Adobeがこの統合に乗り出したのはFlashが欲しかったからだと言われているけれど、そうなると統合した後のdreamweaverやfireworksはどうなるんだろう。ちょっと心配だ。

Dreamweaver MX 2004 Commercial


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

AdobeのPDFとmacromediaのFlashはともにweb上での有力なコンテンツ配信ツールで、AdobeはPDFで文書の配信を超えたリッチコンテンツツールとしての普及をもくろんでいたようだが、強力なライバルであったFlashを取り込んでしまって本格的にweb上でのリッチコンテンツでの覇権を目指していると言うことか。

Flash以外のmacromediaソフトウェアはどうなるんだ?

FlashはそれだけAdobeにとっても魅力があるツールであることは素人目にも明らかだ。だが、となるとFlash以外のソフトウェアはどうなるんだ?macromediaのFlash以外の主力商品ではstudioシリーズを構成するdreamweaverやfireworks、またfreehand、contribute、coldfusionはどうなるんだろう。

かつてゲーム業界の雄であるスクウェアとエニックスが合併を表明したときは衝撃的だったが、結局スクウェアが本流として残ってエニックスはドラクエ以外のほとんどのタイトルは冷遇されている。旧エニックスのタイトルで続編が出されないまま自然消滅してしまったタイトルは非常に多い。macromediaのタイトルでもwebオーサリングツールのdreamweaverはAdobeのGoliveと競合するし、fireworksの画像編集はAdobeの得意とするところ。それ以外のタイトルも然り、結局macromediaのFlash以外のソフトはAdobeのソフトと競合するものが非常に多いのだが…。

Posted at 2005/04/20(水曜日) 7:43

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »