デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年05月16日

Norton Internet Securityの功罪?

僕はNorton Internet Security 2003(NIS2003)を未だにしつこく使い続けている。2004以降にあるようなアドウェア・スパイウェア対策はべつにNortonにやってもらわなくてもAd-awareなどのフリーソフトで対応できるし、そもそも動作が重いので普段のパソコン生活には不要と思ったから。ウイルス駆除とファイアウォールだけやってくれれば十分な気もする。

だけど、かつてNorton Antivirus 2004(NAV2004)を使ったことがあったのでそのファイルの残骸やレジストリの傷が残っていたのか、NIS2003の挙動がおかしい。ウイルススキャンをすると途中で無限ループにハマって同じフォルダを何度も検索したまま一向に進まなくなったり、定期的なウイルス検索が出来なくなったり、メールがファイアウォールを通らなくなったり。再インストールしてもどうにも直らないし、シマンテックのオンラインスキャンを使ってもウイルスは全く見つからないから原因もわからない。

結局、ひとまずNIS2003を削除してからルート(WINNT)内のシマンテック関連ファイルを全削除し、program files/commonefile/symantec sharedを全削除、さらにレジストリエディタ(regedit)でシマンテック関連のレジストリを全削除、またレジストリクリーナーで不要なレジストリエントリを綺麗にして、テンポラリファイル内のシマンテック関連ファイルもすべて消した。そうしておいてからwindowsを再起動してCD-ROMからNIS2003を入れ直してみると、ようやくなんとか異常な挙動は治まったのだ。

Nortonのセキュリティソフトは優秀だけどちょっと困ったさん

Nortonのセキュリティソフトはwindowsのシステムの奥深くまで入り込んで危険からパソコンを守るために、何度もインストールやアンインストールを行っているとwindowsのシステムフォルダ内やレジストリに激しく残骸を残す。もちろんこれだけ深い警備をやってくれるからこそ高いセキュリティ能力を発揮してくれるのであって、僕が思うにウ●ルスバ●ターやマカフィーやNOD32等の他社セキュリティソフトをNortonと比べてみるとかなり性質が違う。他のセキュリティソフトはあくまで一つのアプリとしてウイルスや不正侵入を検出しているのに対して、特に最近のバージョンのNorton製品はwindowsと一体化してしまおうとしているような感じだ。

Norton製品を買ってきてインストールして使うだけなら全然注意しなくても普通通り使える。問題はアンインストールするときで、この場合はコントロールパネルからアンインストールするだけではなくシステムフォルダやレジストリまできっちり掃除するようにしたいもんだ。

B00061Q3TUノートン・インターネットセキュリティ 2005 特別優待パッケージ(「できるウイルス対策&セキュリティ」付)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted at 2005/05/16(月曜日) 0:00

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »