デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年06月14日

テストウイルス「EICAR」でウイルス対策ソフトをチェック

無害化された実験用ウイルスソフト

このツールはいわゆるテストウイルス。つまりパソコンがちゃんとウイルスから保護された状態にあるかセキュリティをチェックするだけのために存在するものなのだ。医薬品の開発現場でクスリが効くかどうか調査するためにネズミなどの動物が実験に使われることがあるが、このEICAR.comはちょうどそういった実験のために飼い慣らされたウイルスであると言える。

このEICAR.com、ネット上では「世界中のメジャーな30系統以上のウイルスを参考に生成されている」という記述も見たことがあるが真偽はよくわからない。ファイルの実態はたった68バイトの文字列なのだが、作っているのは欧州のネットセキュリティの有識者で作る組織「EICAR」であり由緒正しい物である。

ウイルス対策ソフトが働いている状態でこのEICAR.comを実行しようとすると「危険を検出しました」とか「ウイルスを発見しました」という表示が出る。これが出なければウイルス対策ソフトが正常に動作していないことになるので、ソフトの設定が誤っているかすでに観戦していたウイルスやスパイウェアによってウイルス対策ソフトが無効化されていることになる。実行すると一時的にwindowsは感染状態となるが、ファイルを削除してやればそれだけで治癒できるので扱いも簡単だ。もちろん無料。機会があれば試してみてはいかがだろうか。

EICAR アンチウイルステストファイル
http://www.eicar.org/anti_virus_test_file.htm

Posted at 2005/06/14(火曜日) 0:00

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »