デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年06月23日

Google、電子決済サービスに参入「Google Wallet」

Googleがまたしても新規事業に進出する目論見。もはやただの検索サイトではない。Paypalのようなオンライン上の決済システムを導入するという噂がちらほらと聞こえてきた。

関連サイト
- [WSJ] Google、電子決済サービスに参入か
- Googleのオンライン支払いシステムはPayPalとは競合しない

サービスの詳細しか明らかにされていないので推測でしかないが、Google側の人間(GoogleのCEOであるエリックシュミット氏)が「当社が取り組んでいる支払いサービスは、既に数百万人の消費者と広告主を結び付けているGoogleの既存のオンライン製品と広告プログラムを自然に進化させたものだ」と語っていることがなんとなくサービスの概要を想像させてくれる。

現在のGoogleで個人が利用可能な広告システムのAdwordsとAdsenseでは、Adwords側で出稿者が広告の種類と価格(広告予算)などを入力しGoogleに広告料をクレジットカードで支払い、Adsense側で広告ホストとなったサイトの運営者が広告料を米ドル小切手で受け取る(一部の国では銀行振込決済)。

この制度をPaypalのようなオンライン決済に応用するとなると、Paypalのように個人がアカウント(Paypal口座)を持ちクレジットカードで相手のアカウントに入金するという形態になりそうだが、「PayPalのように、取引の最中に一時的に金銭がPayPalの管理下に置かれる“人対人の、金銭保管型支払いシステム”にする予定はない」というコメントが何を示唆しているのか。

Posted at 2005/06/23(木曜日)11:20

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »