デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年07月04日

CDドライブ共有のススメ

家庭内LANを構築している人はどれくらいいるだろうか。僕は6畳キッチン付き(1K)という狭い家に一人暮らししているくせに自室内には5台のPCがある上にうち2台は有線LANで、ノートの2台は無線LANで結ばれている。ここで便利なのがwindowsの共有機能だ。

僕の持っているノートはシャープのmebius MURAMASAとIBM thinkpad X40、これはともにB5モバイルノートでCDドライブは内蔵されていない。必要なときは外付けDVDドライブを持っているのでそれを繋げばよいのだけれどMURAMASAのほうはUSB2.0にも対応しておらずUSB1.1で伝送することになるので非常に遅い。そこでLANでノートをデスクトップのメインマシンとつないで、デスクトップPCのCD-ROMドライブを「共有」してしまうのだ。

この共有の設定はマイコンピュータ内の各ドライブのプロパティから簡単に設定できる。今回の場合はCD-ROMドライブのプロパティからこのCD-ROMドライブを共有するように設定しておく。共有の設定はwindows2000かwindowsXPだと簡単にできるが、もちろんMeや98でも共有の設定は可能だ。

共有しているドライブはそのLAN内にあるパソコンから見ることが出来る。たとえばデスクトップPCのCD-ROMドライブを共有し、そこにCD-ROMを入れたとする。そしてMURAMASAの「マイネットワーク」内を見てみると、共有しているドライブを見ることが出来るはずだ。ノートパソコンの方からデスクトップのCD-ROMドライブに入っているCDのデータを見ることが可能になるのだから、家庭内でUSBメモリやCD-Rを使ってデータのやりとりをする必要はない。

もちろんCD-ROMドライブ以外にもいろいろ共有を設定することは出来る。特定のフォルダを共有してデータをリンクさせたり、プリンタを共有して家庭内のすべてのパソコンから印刷を可能にしたり、マイドキュメントを丸ごと共有することも可能だ。

Posted at 2005/07/04(月曜日)19:44

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »