デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年07月22日

ブランド番付、SONYがサムスンに抜かれる。

5年前から米ビジネスウィーク誌が行っている「世界の企業ブランド価値番付」でSONYが20位から28位に後退し、逆に韓国のサムスンが21位から20位に上昇して、ついにSONYがサムスンに追い抜かれるという事態になった。ちなみに1位は米国のコカコーラ社。

関連サイト
- ソニーがサムスンに抜かれる(Yahoo!ニュース)

SONYも海外でかなり有名(特にwalkmanやPLAY STATIONなど)であることに違いはないが、サムスンは米国のディスプレイ市場などでもはやトップ企業として君臨するほど普及しており、米国内での実力の差がそのままブランド番付の差となったみたい。

日本人としてはSONYには頑張って欲しいところだけど、確かにこのところのSONYの低迷はなんとなく実感できるところ。携帯デジタル音楽プレーヤーでソニーのスティック上walkmanがiPodを猛追しているとはいえ、ソニーブランドがデジタル業界を席巻していた一時の勢いはない。

このSONYの凋落に関してあちこちのブログを見ていてたまたま「ねこちゃんブログ」を書いているいわみちさくらさんの記事を見つけたので、ついでにご紹介。読んでいてかなり同感。分析も的確でかなり賛同者は多いのではないだろうか、ぜひ読んでみてほしい。
http://nekochan.blog.ocn.ne.jp/neko/2005/07/sony_b13e.html

Posted at 2005/07/22(金曜日)23:43

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »