デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年07月23日

次期windows(Longhorn)の正式名称は「WindowsVista」

米Microsoftは7月22日(現地時間)、「Longhorn」のコード名で呼ばれていた次世代Windowsの正式名称を「Windows Vista」としたことを発表した。

関連サイト
- WindowsVista公式サイト
- googleニュース「vista」

「WinFX」と呼ばれる新しいAPI体系を導入し、統合プレゼンテーションエンジン「Avalon」、通信モジュールの「Indigo」、ファイルシステムを司る「WinFS」という3種類のコアコンポーネントを搭載するこのVistaだが、Vistaには「素晴らしい見通し」「明るい未来」という意味が込められているということで、なんとなく今の時代に似合わないノーテンキなネーミングでもある気がするなぁ。

また開発者向けのβ版は今年8月3日までに公開するとのことで、2006年の発売に間に合わせるように着実に開発は進んでいるようだ。Windows95以来は2、3年間隔で発売されてきた主要WindowsOSだが2001年のwindowsXP以降はぱったり新製品の発売が停止していたので、ようやく5年ぶりとなる新Windowsにも期待が集まるのは仕方あるまい。

Posted at 2005/07/23(土曜日)10:13

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »