デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年08月01日

WindowsVistaの海賊版が早くも出回っている

WindowsVistaβ1版がリリースされた翌日にはもう海賊版WindowsVistaが出回っているというニュース。報じる側には驚きを持って迎えられたかもしれないこのニュースだけど、2chを見ていたらそれはあまりにも当たり前のように出回っている。

関連サイト
- Yahoo!ニュース

関連スレ
- [2ch Windows板]【次期Windows】Windows Vista【β1】Part 2

2ちゃんねるWindows板のVistaスレを見ていると。β版がリリースされた直後から様々なサイトのレビューブログへのリンクが始まり、次いで実際にβ実験に参加している技術者からの書き込みが出てきた。この時点からゾクゾクとスクリーンショットが「うp(アップロード)」されはじめた(厳密にはβユーザーはVistaのスクリーンショットを公開することも禁じられている)。

そのうちにWinnyやShare(仮)などのP2Pファイル交換ソフトに公開する輩が現れ始め、Vistaスレにいる「住民」のうちかなりの人数がこのβ版海賊版をダウンロードしたと思われる。つまりニュースでは「翌日には出回っていた」と報じられていたが、実際には翌日どころか数時間以内には流出していたと思われる。

さらにβ版の.iso(イメージファイル)がそのまま流れるのではなく、認証に関わる部分を除いたクラック版としても出回っている。もともとWindwosXPなどのOSのアクチべーション(オンラインでのユーザー認証)を無効化した違法クラック版はよく出回っていたが、その応用でVistaのユーザー認証機能を無効化してコピーし放題にしたものが出回っているということだ。

Windowsの親であるMicrosoftは様々な方法で海賊版を取り締まろうとしているが、ネットに繋げばすぐにクラック海賊版が手に入り、また自分でクラックする方法だって公開されている。違法なファイルコピーを防ぐなんていう方法はそう簡単に見つかりそうもない。

Posted at 2005/08/01(月曜日)12:44

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »