デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年08月02日

楽天、顧客情報管理体制を一新って…

まぁ個人情報を流出させた後だからこういうことに取り組むのはよいことなんだけど…

関連サイト
- CNETjapan

「情報セキュリティ室をセキュリティ本部に格上げして、同社代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏がセキュリティ本部長に就任し」というのがなんともマスコミ対応的というか、官僚的というか、とにかく利用者の怒りと非難を静めるためにやっているだけのパフォーマンスというニオイが否めない。もともと楽天は考え方もコチコチの役人思考な感じはしているけどね(楽天球団の練習公開を有料化したりネットでのストリーミングも一般公開を拒んだり)。

そういう三木谷社長の消費者を小馬鹿にした対応もシャクではあるけれど、楽天が計画している「R-Card plus」という方式は期待できる。今年末までにはすべての楽天市場加盟店舗で利用できるようになる目標とのことだけど、これはすべての小売店舗がこれまでのように個別に決済するのではなく楽天が一括でクレジット会社と契約を結ぶということ。

たとえばアマゾンでは書籍を買っても電気製品を買っても同じアマゾンで決済しアマゾンから商品が送られてくる。それに対して楽天は楽天内の色々な店舗はテンプレートこそ共通だけど中身はバラバラで、カードが使えない会社があったり送料も店舗によってバラバラだったりしていた。そしてそれぞれの店舗がバラバラで顧客情報を管理していたことが今回の個人情報流出の一因であったとの考えかららしい。

Posted at 2005/08/02(火曜日) 2:07

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »