デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年08月08日

ネットバンキング悪用で口座から2億円盗まれる

学習塾の「修学社」のネットバンキング口座から2億5,500万円が何者かの口座に振り込まれて盗まれたというニュースが流れた。使われたのはみずほ銀行のオンラインバンキング、暗証番号などはスパイウェアで盗まれた可能性が高いという。

関連サイト
- Yahoo!ニュース
- ITmedia

みずほ銀行のオンラインバンキング口座は、通常の暗証番号と6桁の第二暗証番号を併用する方式。他の銀行では乱数表を用いる(三井住友銀行、ジャパンネット銀行など)等の方法で最初の暗証番号が漏れても簡単には預金の振り込みが行えないのに比べればセキュリティが甘かったと言われても仕方がない構造になっていた。

それにしても今回の暗証番号の盗み出しにスパイウェアが使われていたのだとすれば人ごとではないなぁ。スパイウェア駆除のためには「ad-aware」や「spybot S&D」など優秀なフリーウェアもあるのだが、とにかくいつの間に感染したのか全く自覚症状がないのが厄介だ。ウイルス対策のセキュリティソフトウェアを使っていてもスパイウェアに関してはあまり効力はないので、自分のパソコンはしっかり守られているという思いこみも失敗の元か。

Posted at 2005/08/08(月曜日)18:35

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »