デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年09月18日

OCNホットスポットを使ってみた。

ちょうど京都駅に行くことがあったので、試しにノートパソコンを持って行って初めてOCNホットスポットを使ってみた。京都駅周辺はOCNホットスポットに限らず、駅自体ももちろんホテルや喫茶店にも無線LANポイントがたくさんあっていい感じ。

関連サイト
- OCNホットスポット

某喫茶店(ここ自体はホットスポットではないのだけれど近く)でThinkpad X40を取り出して無線LANのアクセスポイントを検索してみると、あるわあるわ。10カ所近いアクセスポイントが見つかった。もちろん関係ないアクセスポイントは電波を検出しても接続を確立できないので、この中からOCNホットスポットのものを探してみる。

接続してみると普通にブロードバンド並の速度でインターネットが利用できるじゃないか。こりゃぁいいと思う。最近は大きな駅はもちろん、シティホテルやカフェでもアクセスポイントを用意している。ファストフードでもマクドナルドがYahoo!BBと、モスバーガーはNTT系と契約していて無線LANが利用できるところが多い。AIR EDGEやb-mobileのようなサービスエリアの広さはなかなか望めないけれど、外出先でこれだけ便利なアクセスポイントが増えてきたことはネット中毒の僕にとってはうれしい限り。

ところで市街地無線LAN構想では、最近は東京都心部のLivedoor Wirelessばかりが注目を浴びているけれど、実は京都はかなりの元祖無線LAN王国だったみたい。というのも、京都市は京都の企業と大学・ケーブルテレビ・個人の協力もあって市街地無線LANの実証実験が行われていた街だから。「みあこネット」という名前で街のあちこちに無料のアクセスポイントが用意されていた。残念ながらみあこネットの実証実験は一段落して現在は地域プロバイダの会員のための有料サービスとなってしまったけれど、みあこネットが残したアクセスポイントは有料とはいえ他の系列のユーザーも利用できるところがあちこちにある。

最近は市街地無線LAN構想を持っている都市も多いようだ。もし興味があったら、自分の街の無線LANアクセスポイントを調べてみては?

Posted at 2005/09/18(日曜日)20:50

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »