デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年10月01日

ATOK電子辞書パックと、ATOK新バージョンの噂

ジャストシステムはパナソニックとの特許訴訟で今頃さぞかし機嫌を良くしていると思われるけれど、この商品のリリース時期はいかがなものか。というのも、実はこの商品は単にATOK2005の在庫さばきではないかという話もあるみたい。

ATOK 2005 for MacOS X 電子辞典セット CD-ROM (特典CD付)
ATOK 2005 for MacOS X 電子辞典セット CD-ROM (特典CD付)

CD-ROMを大量に作って売るだけで「CD-ROMが商品」というよりは「そのデータが商品」なわけだから在庫を抱えてもそれほど損害はないように思えるんだけど、なぜかこのジャストシステムが電子辞書パックを強力に売り出したり、他社ではマカフィーが2005年の終わりも近い頃に突然2005年版のセキュリティーソフトを大幅値引きして売り出したり、そういうソフトウェア会社の動向があるってコトはやっぱり旧バージョンを売り尽くすことにも何らかの会社側の利点があるってことかな?

とりあえずネット上の噂にすぎないのでどれほど信憑性があるのかはわからないが、ATOK新版(仮にATOK19としよう)は2006年2月頃に出るとか出ないとか。ATOKは新版が出るたびに特に予測変換系の機能が向上著しいのだけれど、新バージョンでどういう変更があるのかはまだ全くわからない状況。

ただ、文字変換エンジンにすぎないATOKはバージョンが一つか二つか古くても困ることはないと思うが…。僕も古い方のパソコンは今でもATOK14で動作しているが、ATOK2005(バージョン番号でATOK18に相当)とATOK14で使い勝手に大きな差を感じることはあまりないし…。もしかしたら案外、ATOK19を待つよりもお買い得になっている今のATOK2005電子辞書パックを買うほうがよいのかもしれない?

Posted at 2005/10/01(土曜日) 7:45

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »