デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年10月10日

もしかしたらローソンプリカ応用技でクレカ3%還元?

ANAマイレージから楽天スーパーポイント経由のローソンポイント応用技でクレジットカード還元率3%が達成できるかもしれない?未確認情報だけど、10月11日からローソンポイントと楽天スーパーポイントの1:1等価交換サービスがスタートするのを利用すればこんなアクロバティック技が使えるかもしれない。

関連サイト
- ローソンパスポイント特典
- ニュースリリース:ローソンポイントと楽天スーパーポイントとの交換について

まだ楽天とローソンのポイント交換サービスがスタートしていないので誰も確かめた人がいるわけではない。というわけで、このサービス自体が本当に使えるのかどうかまだ確かなことは言えない。とりあえず今のところ、2chでこの話題が出た程度の盛り上がりにすぎない。

とりあえず具体的なポイント交換ルートとしては、昨日書いた文章の中で、三井住友ANA-VISAがまいぺいすサービスを併用すれば2%のANAマイレージ還元が受けられると書いた。そしてそのANAマイレージをTSUTAYAのTポイントに変え、さらにそれをTポイントから楽天スーパーポイントに変え、さらに楽天スーパーポイントを今度はローソンポイントに変える。ここまでは全て等価交換。すると実質2%還元をローソンポイントで受けていることになる。

そして、ローソンポイントの特典「もれなくもらえるコース」のローソンプリペイドカードを使う。10,000ポイントで15,000円分のプリカに交換してもらえるので、交換比率は1:1.5。そうすると最初のANAマイレージが2%還元だったので、最終的にはカード使用額の3%がローソンプリペイドカードで返ってくることになる。う~む、すばらしい!

果たしてこの方法が実行できるのか、気になるところ。これまでは「他社ポイントから移行してきたポイントはさらに他社のポイントに交換することが出来ない」という制約があったものもある。三井住友VISAのボーナスポイント制度なんかも他のカードのポイントに変えられないように、「ANAマイレージ→Tポイント→楽天スーパーポイント→ローソンポイント」のルートのどこかに障害があればこの作戦は無理になるということだ。2ch某スレを見守って、実際に実行する人が現れるのを待つしかないか…

Posted at 2005/10/10(月曜日) 5:18

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »