デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年11月01日

amazonが購入前に立ち読みできる「なか見!検索」をスタート

このサービスは米国のamazonでは早くから始まっていたサービス。書籍の最初の数ページをスキャンしてあって、購入前にその数ページを「立ち読み」することができるだけでなく、なんと書籍内容の全文検索が出来る。ネット書店では購入前に本の中身を確認することが出来なかったので、これは大きな進歩だ。

関連サイト
- amazon.co.jp「なか見!検索」
- CNETjapan

米国では早くから始まっていたのに日本ではなかなか導入できないのは、日本では著作権周りの法律がうるさくてamazonが断念したのだと思っていた。iTunesの音楽有料ダウンロードサービスの開始も、米国では早々から始まっていたのに日本ではそれよりずっと遅れてスタートしたし、しかも米国で多くの音楽が99セントで購入できるのに日本のiTMSはほとんどが200円で販売されていて、大きな隔たりを感じたからだった。

だけど、どんな障害があったのか知らないがamazonは頑張って日本でもこのサービスを開始した。おそらく、このサービスが売上に貢献する度合いを考えれば多少の困難と著作権補償料は払っても良いと思ったんだろう。

本にしろ、音楽にしろ、販売店まで足を運ばねば手に入れられないという時代は終わりつつある。もちろんテレビ登場から数十年経つ今もラジオと新聞が依然として重要なメディアであることを考えると、オンライン書籍販売や音楽ダウンロードサービスが充実しても町の本屋やCDショップが完全に無くなってしまうとは思わないけれど、インターネットを通したこれらのサービスはオフラインのリアル店舗で提供しているサービスの大半が実際に出来るようになってゆくだろう。実際の本屋では売り物を手にとって立ち読みして中身を確認することが出来る。それと同じように、立ち読みのためのスキャン情報を提供し始めているのもこの流れの一つなのかもしれない。

Posted at 2005/11/01(火曜日)20:18

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »