デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年11月20日

K8MM-VでTurion64 MT-30搭載ファンレスPCにしました。

うちのメインPCのマザーボードとCPUを換装した。といっても今回はスペックアップというよりは静穏化・省電力化がメインで、CPUのクロック数自体はやや減少している。

d20051120-2.gif

大きな変更点はCPUがTurion64になったということ。本当は1.8GHzのMT-34にしたかったところだけど、クロック数の差と価格の差を天秤に掛けて1.6GHzのMT-30を使うことになったのだ。ちなみにこのTurion64 MT-30の価格はTSUKUMOパーツショップの通販で17,800円也~!

マザーボードはTurion64との相性が抜群で2chのTurion64スレで「鉄板(多少のパーツ間の相性があっても問題なくOSを動作させることができるマザーボード)」とも言われているK8MM-V。これはTurion64で自作PCを組みたい人の第一選択肢となるものだろう。価格もこなれていて中古でも入手しやすい。

またCPU冷却をファンレスとしています。ケースもファンレスで、ついに冷却ファンがついているのは電源ユニットだけ。それでもEverestで測定したところケース内温度・CPU温度ともにが35度を下回っている。CPU温度はアイドル時は27度くらいで、ヒートシンク無くてもいけるかも(爆)とも思わせる発熱の低さ。なんともスゴい、さすがはモバイルノート用の低電圧CPUですなぁ。

ちなみにAMD純正のクロック数・電圧管理プログラムである「Cool'n Quiet」も省電力に役立つが、今回はさらにそれより電圧を下げるためにCool'n QuietはオフにしてCrystal CPUIDを使っている。通常のCool'n Quietでは[Turion64 MT-30]は、高負荷時1.6GHz/1.35V~低負荷時0.8GHz/1.00Vで動作するけれど、今回はこの電圧を安定動作する限り低いところで運用したい。ご存じのように、理論上CPU消費電力は(動作周波数)×(電圧)×(電圧)に比例する。ということは、電圧を少しでも低く保つことが低消費電力へのカギとなる。べつに電気代が惜しいわけではなくて減らしたいのはCPUからの発熱のほうなんだけど、考え方は同じだ。

Crystal CPUIDでCPUの電圧を0.025Vずつ下げていってどこまで動作するか試したところ、1.6GHzでは0.875Vが限界だった。1.6GHzのままで0.850VまでCPUの電圧を下げると途端にWindowsが落ちてブルースクリーンを見られる。1.2GHzにダウンクロックした状態ではCrystal CPUIDで設定可能な下限電圧の0.800Vまで下げても安定して動作している。

というわけで、Crystal CPUIDの動作周波数・電圧自動管理をしてくれる「Multiplier Management」は下図のように設定している。もちろん画像編集アプリケーションなどを使っても落ちることなく安定して動作している。上に挙げた理論上の消費電力式を考えると、0.8GHz/0.800Vで動作しているTurion64 MT-30は定格運用の1.6GHz/1.35Vに比べて17.5%の消費電力に収まることになる。ただでさえ消費電力の少ないTurion64のさらに6分の1に収まるんだから、これはどうりで発熱が低いわけだ。

d20051120.gif

■旧構成

マザーボード:MSI KM4M-L
CPU:AthlonXP2800+(EV266/BT)
CPU冷却:AMDリテールクーラー
メモリ:2GB
OS:Windows2000SP4

■新構成

マザーボード:MSI K8MM-Vソケット754マイクロATXマザーボード
CPU:Turion64 MT-30
CPU冷却:ファンレスヒートシンクSCNJ-1000(NINJA)
メモリ:2GB
OS:Windows2000SP4

Posted at 2005/11/20(日曜日) 0:02

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »