デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年12月09日

NHKがブログを活用した番組「つながるテレビ」を開始する

NHKがブログを活用したテレビ番組をはじめるとのこと。番組名は「つながるテレビ@ヒューマン」で、来年1月14日からスタートする。無線LANで中継し、NHKによる公式ブログを解説するというのはNHKにしては斬新で前向きな取り組みだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/08/news049.html

NHKは受信料の不正流用疑惑や一連の不祥事、そしてそれに端を発する「NHK受信料不払いブーム」のせいで非常にダメージを受けていることだろう。いまNHKは産みの苦しみの中にあって、新しい姿への脱皮を試みているというところなのだろうけれど、たしかにブログをテレビ番組に取り込んだのは良い取り組みだと思う。

さらにそこからNHKがどれだけ頑張れるかでこの番組に対する評価は全然変わってしまうから、そのことに対する事前評価をしっかりしておかないと駄目なんじゃないかなと僕は思う。「ブログと無線LANを取り入れた番組作りました、新しい取り組みに大いなる賛同を得られました、めでたしめでたし、ハイおしまい」ではなんにもならない。

ブログを解説すればトラックバックが集まる。リンクが張られる。色んな意見もやってくるが、2chなどから痛烈な(荒らしまがいの)集団がやってきてコメント欄にむちゃくちゃをするかもしれない。だからといっていちいちコメントの投稿を許可制にしたりするのは避難のタネをまくだけだし、コメントとトラックバックを完全にシャットアウトしてしまえばそれはそれでブログを使った意味の半分くらいは消えてしまって興ざめだ。

はたしてどうやって過激なネット住民と交流してゆくのか、その辺りに熟慮に次ぐ熟慮を重ねて行かないと、きっとこの取り組みはあまり定着しないまま湿った花火のようにしょぼい終わり方をするに違いない。ちょうど1年ほど前の久米宏の「A」が惨敗した、あの失敗からも多くを学べるはずだ。

Posted at 2005/12/09(金曜日) 4:22

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »