デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年12月12日

ギガバイト「iRAM」の再販売が決定

自作パソコンを愛し、しかもその高速化・静穏化に熱心な人々、さらにその中でもとりわけ「変わったアイテムが好きな人」達に非常に人気の高かったiRAMは、一時期は品薄などのために販売を休止していたけれど、それが年内にも再発売が開始されるらしい。

http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0512/12/news068.html

このiRAMはハードディスク代わりにメモりモジュールを記憶装置として使ってしまおうというアイテム。DDRメモりモジュールをハードディスク代わりに使えば音は立たず非常に静かに動作させることができるし、なによりそのデータの読み書きが断然速い。

…確かに速いらしいが、実際にはDDRをiRAMに装着して使ってみてもRead速度、Write速度はともに従来のハードディスクの2倍程度にとどまるらしい。肝心なそのソースのURLを失念してしまったので「ソースは?」と聞かれると困ってしまうのだけど…。僕は読み書き速度が10倍くらいになるんじゃないかという浅はかな期待をしていただけに、この数値にはいささか失望してしまった。

しかし完全静穏化には揮発性メモリを使うことは非常に有効だし2倍とはいえ読み書きが断然従来のハードディスクより速いことには変わりはないので、需要は大いにあることは間違いない。というわけで、そういうパソコンを自作してみたい人は再発売を心待ちにしていてくださいな。

Posted at 2005/12/12(月曜日)19:42

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »