デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年12月21日

Googleをネタに、2005年を振り返る。

検索エンジンの王様が今年最も多く検索された言葉を発表した。全世界ではソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「MySpace」、日本語では「電車男」がトップにランクインしたらしい。

http://www.google.com/press/zeitgeist2005.html
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20093373,00.htm

僕は日本語ランキングでは「ブログ」とか「iPod」とか今年流行ったものが来ると思っていたのだが、「電車男」だとはやや意外だった。書籍化され、映画やテレビドラマになって、一般人が「電車男って何?」ってなったことで検索数が増えたんだろうか。それでも今年の初めは「ブログって何?」って感じだったのに今では自分のブログを持っている人も多そうで、ブログが一気に普及したという点では今年はブログの一年だったと言っても悪くないと思う。

それにしてもインターネットはすっかりみんなの生活に定着した。クルマを持っているとか、犬を飼っているとか、コンタクトレンズを使っているとか、そういう当たり前のことと並ぶようにインターネットを使うことが語られる時代が来た?僕が初めてインターネットに触れたのは2000年の1月頃、ダイアルアップで入試のセンター試験速報を見たのが最初だけど、そのころから比べると僕もかなりネット依存度が高まった。今では手で文字を書く量の100倍くらいをキーボードで書くようになり、調べごとはWikipediaや2chログ検索を使うこともある。友達との連絡もバイトもネット経由で行っている。スゴい時代が来たもんだ。

Posted at 2005/12/21(水曜日)17:07

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »