デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2005年12月26日

Windows用読みやすいフリーフォント「MS Pゴシック Ex+」

一時期大人気を集めたフリーフォントの「MS Pゴシック Ex」の改良版に当たるフリーフォント「MS Pゴシック Ex+」が公開されている。利用は無料で、等幅・プロポーショナルなどが同梱されているので使いやすい。

http://ms-gothicex.mpage.jp/

もともとこの「MS Pゴシック Ex」はシャープがザウルスの小さな液晶画面でも判読しやすいように開発したフォント「LCフォント」が元になっている。これを誰かがWindows上で使えるようにした「SH G30」がWindows板@2ch掲示板で大人気となった。さらにこれでアンチエイリアスが効くようなもの、AAがずれないようなもの等さまざまな亜型が登場し、いわばその完成版的なものがこの「MS Pゴシック Ex+」ということになる。

「MS Pゴシック Ex+」ではアンチエイリアス対応(コレ重要)、文字幅も2chAA対応(コレ重要)、Unicode対応(コレがないと状況によって文字化けする)となっていて一通りの要求には応えてくれるはずだ。

Meiryoなどと違ってCleartypeを効かせなくてもアンチエイリアスは動作しているようだけど、かなり読みにくいのでやはりWindowsXPユーザーならCleartypeを有効にしておこう(デスクトップで右クリック→プロパティ→デザイン→効果)。Windows2000ユーザーは…仕方がないので諦めるか、WindowsXPに移行してください(不本意とは思うけれどフォントを綺麗に表示するにはWindowsXPに移るしかない。僕もWindows2000には全然不満はなかったけれどこのCleartypeの有無というただ一点だけのためにWindowsXPに魂を売ってしまった一人なのです)。

確かに液晶画面上での読みやすさはこういうクッキリしたフォントが適しているかも。無料で体験できるので一度試してみてはいかがだろうか?

Posted at 2005/12/26(月曜日)15:35

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »