デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年01月09日

だからThinkpad。Thinkpad伝説

ノートパソコンの最高峰はIBMの名ブランドThinkpadと妄信して譲らない僕はThinkpadブランドのLenovoへの譲渡を最も悲しんでいるうちの一人だが、そのThinkpadの堅牢さを示すビデオを発見したのでご紹介しよう(http://www.pc.ibm.com/us/thinkpad/community/legends/melted_high_wmv.html)。

Thinkpad伝説(Legends of ThinkPad)と題されたこのビデオは他にもエベレスト登頂バージョン、トラック踏みつけバージョンなどいくつかあって、http://www.pc.ibm.com/us/thinkpad/community/legends/index_flat.htmlで見ることができる。こういうビデオを作ってしまうあたりにIBM社員のThinkpadに対する溺愛ぶりが見て取れるけれど、たしかに堅牢さなどビジネスユースを満たすという意味で、あらゆるノートパソコンの中でThinkpadが最高のものだと言えるんじゃないかな。(他のメーカーのパソコンを使っている人の反論求ム)

ところでLenovoはそのThinkpadブランドをIBMから買い取って好き放題をやっているわけだが、エンターテイメントと全く無縁だった無骨なThinkpadにオーディオビジュアル機能を搭載すると公言しているらしい。日本の他のメーカーのパソコンを初回起動したときにデスクトップに並んでいる吐き気を及ぼすほどのショートカットアイコンがThinkpadにも並ぶ日が来るのだろうか?初回起動でもWindowsの最低限のデフォルトアイコンしか表示されない清潔さも魅力の一つだったのに…。

自分が愛したブランドがどんどん他社の色に染められてゆくというのは悲しい限りである。ああ、無情なり…

Posted at 2006/01/09(月曜日)16:47

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »