デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年01月11日

ついに来たIntel Mac。一方でDELLはAMDに流れるか?

ついに、Intelチップを搭載したMacマシンが発表されたとのこと。搭載するのはIntel Core Duoチップみたい。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20094188,00.htm

また同日、他社のチップやプロセッサに一切興味を示すことなくIntelにポチのついて回った忠犬DELLが、ついに今年はAMDに浮気をするのではないかということも報じられている(http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20094201,00.htm)。やはりAthlon64の性能・消費電力や発熱とのバランス・価格競争力はパソコンメーカーにとっても大きな魅力だったみたい。

ちなみにMacのことについて、このIntelチップを搭載することでiMacは「価格、形状とも現行のPower PC搭載モデルと変わらないが、デュアルコアのIntel Core Duoチップを搭載することから、2~3倍高速化していると、Jobsは語った」と報道されていることから逆算すると、Intelチップを非搭載の現行PowerMacは価格は同じなのに2~3倍遅いということを言っているようなもの。

確かにMacマシンは激しい価格競争で鍛え上げられたWindowsマシンと比べて価格は高く動作は遅い。それは事実だ。しかしJobsよ、事実だとしてもその発言はあまりに自虐的なんじゃないのか!?

Posted at 2006/01/11(水曜日)22:18

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »