デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年02月17日

楽天三木谷社長が一連のポイント騒動について謝罪

「我々の不手際で迷惑をかけたことを素直にお詫びしたい」んだそうだ。騒動当時には謝罪どころかキャンペーン利用者をまるで犯罪者であるかのように扱い、ポイントを一方的に没収していた。何のお詫びも謝罪もなく、「キャンペーンが不正な利用をされた」とだけ言って一方的にキャンペーンを打ち切った態度とあまりにも違いすぎて( ゚Д゚)ポカーンだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060216-00000030-imp-sci

そもそも三木谷社長は「素直にお詫びしたい」と言っているけれど、本当に素直にお詫びしたいと思っているのかどうか怪しい。マスコミがいて、カメラが自分のほうに向けられているから誤りたいだけなんでしょ、と勘ぐってしまうのはこちらがひねくれすぎだろうか?どうせ楽天会員だけに対するアナウンスであれば強圧的な態度に出たんじゃないかと思ってしまうのだ。

まぁ何はともあれ、安直にユーザーをつり上げて金を落とさせようという浅薄なキャンペーンばかりを展開していた楽天にはよいお灸になったかな?Amazonのキャンペーンは非常に使いやすくてユーザー側にも恩恵が多大にもたらされるのに、楽天の繰り出すキャンペーンはいつも楽天の側ばかりが儲かってユーザーにはあまり恩恵がないようなものばかりだったのでちょっとはアタマを冷やして出直してきてね、ってことだ。

Posted at 2006/02/17(金曜日) 0:23

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »