デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年03月03日

三菱東京UFJでATMやネットからの同行内振込が無料に。

三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行内での振込が5月頃からをめどに無料になる。ATMとネットからの振込が対象になっていて、特に旧UFJ銀行の口座は個人で使っている人も多くオークションでの資金のやりとりの需要が見込まれそう。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060303AT2C0203402032006.html

まさかこの銀行がこんなサービスをぶち上げてくれるとは思わなかった。メガバンクの中でもさらに巨大な存在で、個人がネットオークションでやりとりするような小規模な振込にチマチマと振込を使われてもなんにも嬉しく感じていないんじゃないかと勝手に推測していたが、巨大な利用者基盤をもとにして個人の振込のやりとりもまるごと取り込んでしまうつもりなのだろうか。

それにしても気になるのは他のメガバンクがこれにどう反応するかというところ。もしかしたらみずほ銀行や三井住友銀行も似たようにふくらむ個人間決済を取り込もうと新たなサービスを打ち出してくるかもしれない。三井住友銀行は同行同支店内振込でも手数料を取っちゃうくらい手数料が大好きで、その遺伝子はジャパンネット銀行にも受け継がれていたりするけれど、もしかしたら個人のネット経由のこういったお金のやりとりを狙ってビックリするようなサービスを打ち出してくれるか。

それに、近々郵便貯金が全銀システムに接続をするかもしれない。現段階では郵便貯金側が一方的に全銀システムへの接続を希望しているに過ぎない段階だけど、もし郵便貯金が全銀システムに接続して、割安な振込手数料を設定してきたら…。振込マネーの奪い合いでサービスの展開競争みたいになったら、一気にユーザーの利便性が向上するかもしれないねぇ。しばらくはこの動きから目が離せなさそうだ。

Posted at 2006/03/03(金曜日)21:27

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »