デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年03月22日

楽天ポイントとローソンポイントの交換再開

楽天スーパーポイントとローソンポイントの交換サービスは一時停止されていたが、これが最近また再開されたらしい。これで楽天スーパーポイント→ローソンポイント→ローソンプリペイドカードというコースが再び使えるようになったような感じだが、肝心のローソンポイントの還元率は3月31日をさかいにして低下してしまうという残念なニュースも。
http://point.rakuten.co.jp/doc/exchange/

楽天スーパーポイントとローソンポイントの交換比率は1:1で、楽天スーパーポイント500ポイントをローソンポイント500ポイントと交換できた。またローソンポイント10,000ポイントをローソンプリペイドカード15,000円分と交換できたため、これまでは楽天からローソンプリペイドカードへの交換は比率が1:1.5というかなりお得なものだった。ローソンプリペイドカードを金券ショップに持ち込むだけでかなり有利な「ポイントの現金化」ができたからだ。

これがネット上で評判になったが、申し込みが殺到したのか昨年の末頃に予告無くある日突然、楽天スーパーポイントとローソンポイントの交換サービス自体が一時停止に追い込まれる事態となり、ローソンプリペイドカードへ交換しようと考えていた人はかなりショックを受けたみたい。

ところが、今週になって楽天スーパーポイントとローソンポイントの交換サービスが再び始まっていて、楽天ユーザーからも歓迎の声が上がっているらしい。ところが、今度はローソンポイント10,000ポイントをローソンプリペイドカード15,000円分に交換するコース自体が今月末で廃止となることがローソンのサイトで公表されていて、4月からはローソンポイント5,000ポイントをローソンプリペイドカード6,000円分に交換できるだけに低下するらしい。

交換比率は1:1.5から1:1.2に低下するので、ユーザーにとってこれは痛いハズ。ローソンポイントはローソンが自社発行するクレジットカードを持っていないと利用できないという敷居の高さがあったはずだが、2ちゃんねるクレジットカード板やWeb収入板を中心に住民たちの間で情報が広まり有利な交換を求める人々が殺到したので、ローソンもこりゃたまらんと思ったに違いない。

というわけで、ローソンポイントをため込んでいる人は今月中に有利な交換比率でプリペイドカードにしておくことをオススメする。コンビニで使えるプリペイドカードは金券ショップなどでもそれなりに需要はあるようなので、ヤフオクなどに出品してもよいかもね。

Posted at 2006/03/22(水曜日)11:40

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »