デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年03月24日

Yahoo!オークションの商品一覧に画像が表示されるようになった。

3月23日から「表示形式の初期表示を『タイトルと画像』に変更しました。」という案内がYahoo!オークションのページにリンクされており、商品リストや検索結果の表示のデフォルト設定がこれまでの「タイトル一覧形式」から「タイトルと画像一覧」形式に変更になっていた。コレに合わせて、1ページの表示商品数は25点になったほかいくつかの仕様変更がみられる。
http://auctions.yahoo.co.jp/jp
http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/20060323-2.html

これまでとの変更から出品者が意識すべき点は…やはり画像がタイトルと並んで表示されるので、商品写真の1枚目の重要性が飛躍的に高まっている。これまでは商品写真を3枚まで掲載できたので好きな順番に商品写真を並べていた出品者が多かったが、今後はその中の1枚目だけは商品検索画面などにも表示されることになるから、出品商品へのページビューを増やすにはこの1枚目の写真がいかに入札者の注意を引くことができるかが重要なポイントになってくる。

また商品一覧画面に希望落札価格が表示されるようになっているので即決有りの商品で即決落札率が上昇するかもしれない。また商品タイトルにあえて「即決!」という文字を入れなくても済むことに繋がるので商品タイトル30文字のなかで2文字程度の拙訳ができる!?

商品の表示形式が変更になったので出品時に付ける有料オプションのうち「太字オプション」は有効性が下がったのではないかという気がする。これまでは商品一覧画面で太字オプションが視認性向上に寄与する効果は10円分以上あると思っていたので僕もこのコストパフォーマンスに優れた有料オプションは積極的に利用してきたが、今後は考えを改める必要が出るかもしれない。一方で30円の背景カラーリングのオプションは今後も有効性はありそうだが、やはり1枚目の写真の目立ち度に比べるといささか頼りない。

表示される1枚目の画像のサムネイルサイズは87*65pixelでこれはかなり小さいが商品の様子が見えないわけではない。小さくても商品がよくわかるように背景色との組み合わせを考えたり、細かい文字で内容を表すより商品の全貌を見せてイメージをつかませるようにするなど工夫の余地はありそう。

Posted at 2006/03/24(金曜日)13:22

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »