デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年03月26日

天下の悪法PSE法は中古品販売容認へ

Yahoo!オークションなどインターネットを介した個人レベルでの中古品譲渡や販売に冷水を浴びせかねない、リサイクルともったいないの時代の流れに反する天下の悪法「電気用品安全法(PSE法)」の話題。PSEマークのない電気用品も事実上は販売が容認されるようになりそうだ。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/25/news001.html

そもそもこのPSE法って誰がなんのために作ったのだろうか?誰かが思いつきで作ったようなこの法律は確かにあらゆるソソウの責任所在を明確にしないといけない日本的なものの考え方に基づいているような気はするけれど、PSEマークのない中古電気用品の販売まで一律に禁じてしまうのはあまりに無茶だし反発が起こることも予想できただろうにねぇ。しかも経済産業省はメンツを守るためかどうだかしらないが一度決めたことは撤回できないといって引っ込みがつかなくなったりして一般庶民からしても見苦しい感は否めない。

ところで今回の経済産業省の決定のおかげで中古の電気用品もYahoo!オークションなどで販売してもよいようになりそうだけど、リンク先の記事にもあるように「マークなしの中古品販売はレンタルとみなすことで販売を容認する対応策」というのがやはり苦しいなぁ(;´Д`)。もう「中古品はPSE法から除外」と言ってしまえばラクなのにね。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥という諺があるけれど、それと同じで一瞬の恥を避けるためメンツを保とうとしてもうどうにもこうにも苦しい言い訳ばかりを打ち出してくるあたりは、いかにも官僚的・お役所的でもあって周りの人は苦笑するばかり…

Posted at 2006/03/26(日曜日)12:32

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »