デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年03月29日

ヤフーがジャパンネット銀行に間接出資。Yahoo!銀行化するJNB?

asahi.comにこんなニュース。三井住友銀行とYahoo!が共同してジャパンネット銀行株の57%を保有する新会社を設立するとのこと。ジャパンネット銀行が本格的にYahoo!の傘下に加わることが現実的となった。
http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200603290026.html

周りのネット銀行関係者はこの状況を戦々恐々として見守っているに違いない。ネット銀行決済に多大な影響を持つYahoo!オークションを持つYahoo!が、ネット銀行の老舗であるジャパンネット銀行と結びつくことの影響は無視できない。Yahoo!オークションがオンライン送金の普及の原動力となってきただけに、このYahoo!がジャパンネット銀行を傘下に収めて現在の「Yahoo!かんたん決済」のように本格的に自社サイトでアピールを始めたら、ユーザーのかなりの数がこの新銀行に流れるに違いない。

住宅ローンと外貨預金で人気を集めているソニー銀行などと違って、イーバンク銀行などは最近になってようやく全銀システム接続を果たしオンライン送金でユーザーの支持を得られるようになった。その取引のかなりの部分はネットオークションによる送金需要だとおもわれるが、このオークション決済を奪われたらイーバンク銀行はかなり苦しいに違いない。

手数料大好き銀行である三井住友銀行の影響を多大に受けたジャパンネット銀行はもちろん手数料大好き銀行の一つである。またYahoo!も手数料大好きな企業であり、あの巨大なYahoo!サイトが広告収入とオークション手数料を2大柱として成り立っているのだからその手数料大好きっぷりはかなりのもの。その両社が結びつくのだから、新会社もきっと手数料大好きな会社になると思われる。その点ではコスト面でのイーバンク銀行の優位性は保たれるが、はたしてそのメリットだけでどこまでユーザーにアピールできるか?

ジャパンネット銀行を取り巻く新たなネット銀行戦乱時代に突入する予感がする。今後もこの新会社の行方からは目が離せなさそうだ。

Posted at 2006/03/29(水曜日)11:53

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »