デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年04月13日

三菱東京UFJとKDDIが携帯決済用新銀行設立の可能性

なんとも変なニュースだが、携帯電話でデビットカードのように決済できる新銀行を三菱東京UFJとKDDIが提携して設立するらしい。ドコモの一人勝ちにはさせまいと言うねらいだと思われるけれど、三菱東京UFJとKDDIだけが頑張ってもどうにもならない気もする。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060413i101.htm

「新銀行では携帯電話の中に預金口座を持つことになり、預金残高の範囲内であれば、高額商品でも基本的に携帯をかざすだけで代金の支払いができるようになる」というサービスを提供する予定だそうだが、KDDIだけじゃぁどうにもなるまい。同じく、三菱東京UFJ銀行だけでなく、少なくともメガバンクと呼ばれる銀行と有力ネット銀行、それに郵便貯金あたりでも利用できないと利用者が増えないんじゃない?

おサイフケータイはそれ自体はドコモの商標だが、実際にはKDDIでもVodafoneでも使用できるしEdyやSuicaなどと結びついて強力なネットワークを形成している。それでやっとこのところ認知度も上がって利用者も上がってきたところ。電子マネー規格として成功するためにはなんとしても利用者が多くインフラが整わねばならないから、参加するプレーヤーの少なさはそのまま規格の失敗を意味する。

セブンイレブン・セブン銀行・ヨーカ堂で独自の電子マネー規格を導入しようとしているアイワイバンク銀行もそうだが、規格普及の点で圧倒的に出遅れていること自体がどれだけデメリットであるかを考えればこのサービスが利用者に受け入れられることの困難さも分かるような気もするんだけどねぇ。それとも成功する何かしらの計算があってのことだろうか。

Edy、JR東のSuica、JR西のICOCA、そしてANAマイレージ、楽天スーパーポイントなどは生き残ってゆくだろうけど、この先どれだけの電子マネー規格が淘汰されてゆくことやら…。

Posted at 2006/04/13(木曜日) 6:13

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »