デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年04月19日

Yahoo!オークションの落札手数料が3%から5%への大改悪

オークションユーザーの間に激震が走った。5月21日移行の落札分から、落札された商品に掛かるYahoo!オークションの落札手数料(いわゆる「Yahoo!税」)が3%から5%へ値上げされることになった。6割を超える大幅値上げであり、テンバイヤー(転売屋)はもちろん一般のヤフオクユーザーにとっても痛すぎるルール変更だ。
http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/fee_change2006april/index.html

関連リンク http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/19/news072.html http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20101966,00.htm http://japan.internet.com/ecnews/20060419/4.html

Yahoo!の説明する口実は、本人確認の強化やセキュリティの強化、鯖増強などの面でユーザーへのサービスを向上させるから、その代わりにこの増税を受け入れろという魂胆らしい。なんとムゴい仕打ち!サービスは現状で十分だし、鯖増強は利用者が増えれば3%のままでもその3%が大きくなるのだからこのままでもいいじゃないか!3%から5%へ消費税が増税されたときの個人事業者など零細事業者の苦しみが今になって身にしみるように実感される。

2chオークション板でもこの大改悪に対する反応は早速見られる。

はいはい、落札システム手数料が値上げです http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1145428652/ 【改悪】落札システム手数料5月21日から5%に値上げ http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1145428699/ シス料値上げは通報厨と詐欺被害者の責任 http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1145434145/

オークションストアの優遇
この増税が免除される部分もある。自動車・バイク・不動産などの特殊カテゴリと、オークションストアでの出品だ。特にオークションストアでの出品がYahoo!税3%に据え置かれるというのは注目すべき点で、Yahoo!によるストア優遇はついにここまで来た。月額18,900円を支払う出品者であればYahoo!税は安く済ませることができ、オークション注目オプションなどでもストアだと無料で利用できたりするので、大量の出品をする人はストアを利用して毎月定額の納税をしなさいと言うことだ。ストア出品者には事業者登録(個人であれば個人事業者)が義務づけられているので確定申告が必要になるほか、出品時に住所表示が義務化されたり色々な制約はあるが、ストア出品を考える人も出てくるだろう。

Yahoo!以外のオークション
またYahoo!以外のオークションを利用するということも考えられる。引越先の第一候補としてあげられるのはビッダーズ(http://www.bidders.co.jp/)でここは落札手数料が2.5%と現在のYahoo!と比べても安い水準に抑えられている。システム的にも落札者が発送先を登録しておけばオークション終了後にメールのやり取りをしなくても出品者に商品の発送先が通知されるサービスがあるなどサービス面でも充実していて、移行するのであれば本命となる。その他のオークションとしては楽天などがあるが、これは手数料が5.25%など高すぎるし参加者も少ないのでパス。実際、楽天フリマなどは楽天スーパーポイントのポンカンサービスのためにしか使い道はない。

今後も反発は続くが、結局落札者がたくさん集まるということでYahoo!オークションからは離れられない人がほとんどだろう。Yahoo!はそれをわかっていて今回の強気のルール改定に出たわけで、足元を見られているような感じが何ともツラい。

Posted at 2006/04/19(水曜日)18:06

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント





保存しますか?


Loading...

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »