デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年05月21日

Yahoo!オークションの落札手数料は今日から5%に値上げ

以前から伝えられていたYahoo!オークションの落札システム利用料は、本日5月21日の落札分から5%に値上げされる。あちこちで反発の声が上がっているがYahoo!は圧倒的に強い立場を利用して強引に値上げを進めた形だ。
http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/fee_change2006april/index.html

Yahoo!側はこの値上げをヤフオクのシステム増強とセキュリティ向上でオークション利用者の保護のために行うとしているが、実際にはこの値上げでそのように利用者の安全性が向上すると期待している人はあまり多くはない。そもそも落札システム利用料が無料だった時代から3%に値上げされたときも同じようなことを言っていたのであって、3%では無理だったものが5%になれば実現できると言うことの理由をぜひYahoo!側にはしっかり説明して貰いたいものだ。

オークション板@2ch掲示板などではヤフオクを見捨ててビッダーズ、ライオク(livedoorオークション)、モバオクなどに引っ越してしまって抗議の意を示そうという動きもあるようだけど、現実問題としてやはりヤフオクの圧倒的なシェアは魅力的で、よそのオークションシステムではマトモなオークションは期待できないのが苦しいところ。以前も書いたように、商品が少ないので欲しいものがなかなか見つからないし、売り手からすると人が集まらないのでなかなか自分の商品が売れないので出品する意味がないのだ。どんなに魅力的な手数料体系を示しても、人はヤフオクから離れては生きて行けないのだろうか…。

ヤフオクでは昨年頃から顕著になったストア優遇や過当競争による落札価格の低迷などで個人のオークション出品参加者は減少傾向にあるらしい。もともとあった、要らないものを誰か使ってくれる人にお譲りするというフリーマーケット的なほのぼのとした雰囲気はもうない。これは個人も含めたテンバイヤー(転売屋とバイヤーを掛けたもの?)の横行も一因ではあるから僕もちょっと反省すべき点はあるが、今回の値上げでますます個人の出品者は減少してしまうかもしれない。Yahoo!側はストア出品者がいる限りは収入が途絶えることはないもんだから強気の姿勢を貫いているが、オークション本来の楽しさみたいなものはもうなくなってしまうのかもしれないね。

Posted at 2006/05/21(日曜日) 0:48

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »