デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年08月23日

Gmailが登録制へ。招待状なしでも利用可能に

これまでは、すでにユーザーとなっている人から招待状を貰わなければ利用できなかったGmailが、今日から日本国内でも招待状なしで利用できるようになったみたい。

http://gmail.com/
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0608/23/news020.html

これまでは、すでにアカウントを持っている人に招待状を送ってもらう必要があった。実際は、1アカウントから発行できる招待状の数は100通もある上に、この招待状は使ってもしばらくすると復活するので、ほぼ無限に小体をすることができていたのだが、それでも招待制というルールを設けることである程度の敷居の高さを維持することができていたらしい。

そもそもこの招待状が無いとアカウントを作れないというのは、無限にアカウントを作れる制度をすでに導入しているYahoo!メールやHodmailがスパムメールの土台として悪用されていることを、Googleが嫌ったモノらしい。いくらでもメールアドレスを作成できるとなるとどんどんと不正の温床になる、だからある程度の敷居の高さを、という目的だったらしい。

それでも最近は誰でも(ちょっと手間を掛ければ)すぐにGmailのアカウントを開設できるし、一方でGmailから発せられるスパムメールもちらほらと届くようになってきた。それで、Gmailの中の人も招待制というルールの限界をみたのじゃないかしらん。

機能的にはこれまでと大きく変わりはしないが、僕も使っている感想としては、メールの山の中から一瞬で単語を検索できる機能は非常に便利であることと、Gmailの迷惑メールフィルタは非常に強力であるという点で、Gmailの使い勝手はかなり良い。Ajaxを使っているために通信料を抑えられるのか、外からパソコンにFOMAを繋いでパケット通信したときも通信料はYahoo!メールよりずいぶんと安く抑えられている点も、隠れたポイントだ。

Posted at 2006/08/23(水曜日)16:52

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »