デジタリストBlog

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

2006年11月08日

AVG 7.1は来年1月でサービス終了へ。AVG 7.5への移行を推奨

Freeで使え、Norton等に比べて動作も結構軽いことで根強いファンの多いAVG Anti-Virusが、7.1から7.5への移行を推奨している。7.1のサービス提供は来年の1月に終了する予定だ。
http://free.grisoft.com/doc/1

AVG 7.1を使って定期的に自動更新をしているひとならポップアップ警告でバージョンアップを推奨している文章に出会った人もいると思う。だけど、同じくFreeで人気の高いファイアウォールZoneAlarmが6.1から6.5へ移行したときに、ネットに繋ぐことが出来ない不具合がでまくる地雷アップデートだったものだから、こういうFreeのセキュリティソフトはある程度の人柱が集まるまでは手を出しにくいのも無理はない。

今のところ、セキュリティ板@2ch掲示板の情報などを見ているとAVG 7.1からAVG 7.5への移行では大してトラブルは発生していないみたい。僕自身も、AVG 7.5を入れてみて今のところは不具合は見られない。というか、ほとんど何が変わったのかわからない。ウイルス定義更新の時などに見られるウィンドウの色遣いがちょっと今風になったくらいしか、ユーザ側から見える違いはないかもね。また、2chのレスの中には7.5になって軽くなったという報告もある。クリーンインストールをしたほうが良いという声もあるが、僕は7.1から7.5へ修復インストールで入れて何も問題は起こってないので、どちらでも良いような気もする。

というわけで、今回のアップグレードは恐れるような地雷は含まれていなさそうだ。安心して入れても良いのではないだろうか。

Posted at 2006/11/08(水曜日)11:50

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »

« 前の記事 | トップ | 次の記事 »